スティーヴン・ツバー(Steven ZUBER)
フルネーム スティーヴン・ツバー
国籍 スイス  
出身地 ヴィンタートゥール
生年月日 1991・8・17
身長 182cm
体重 79kg
利き足
ポジション MF(LMF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2017・3・25
ラトビア戦
代表背番号 14
W杯メンバー 18年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 12/13スイスカップ
13/14ロシアリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
08/09 グラスホッパー 31 10
09/10 グラスホッパー 31 20
10/11 グラスホッパー 31 34
11/12 グラスホッパー 31 31
12/13 グラスホッパー 7 32
13/14 CSKAモスクワ(ロシア) 8 27
14/15 CSKAモスクワ(ロシア) 8 17
14/15 ホッフェンハイム(ドイツ) 17 17
15/16 ホッフェンハイムU(ドイツ4部)
15/16 ホッフェンハイム(ドイツ) 17 12
16/17 ホッフェンハイムU(ドイツ4部)
16/17 ホッフェンハイム(ドイツ) 17 24
17/18 ホッフェンハイム(ドイツ) 17 20
18/19 ホッフェンハイム(ドイツ) 17    
直線的なドリブルとカットイン、スペースへ飛び出してからのクロスで相手を脅かします。また、低い位置に戻ってハードな守備も見せるスイス代表ウインガーです。

地元ヴィンタートゥールなどを経て2006年にグラスホッパーに入団。17歳の誕生日を2週間後に控えた8月3日ファドゥーツ戦で1部リーグにデビューします。
2年目から多くの出場機会を得てボスニア・H代表ルリッチと共にチームの軸となり、彼が退団した3年目以降は特に重要な存在になります。4年目は自身、チーム共に最多の8得点をマークすると、5年目には全6得点でチームに勝利をもたらしました。
13/14シーズンにS・モスクワと5年契約します。7月17日ウラル戦でリーグデビューし、終盤のクバン戦で先制点を挙げて勝利に貢献しました。チャンピオンズ・リーグにも出ますが、バイエルンやマンチェスター・Cと組み合わせに恵まれず6試合を1勝5敗で終えました。
2年目の途中にホッフェンハイムと4年契約を結びます。2014年9月13日ヴォルフスブルク戦でブンデスリーガにデビューし、ボルシアMG戦では一矢を演出しました。
2年目の後半から就任したナーゲルスマン監督の意向でWBとなり、3年目はバイエルン戦のオウンゴールで勝利を逃したものの、シャルケ戦の同点、レヴァークーゼン戦の決勝アシスト、ブレーメン戦の1得点1アシストと結果を残しました。4年目はバイエルンとシャルケ戦でアシストしてチームに勝利をもたらしますが、レギュラー獲得はなりませんでした。

2010年U−19欧州選手権予選では3得点を挙げますが、敗退しました。2012年のロンドン五輪で3試合に出場しますが、韓国とメキシコに連敗しました。続く2013年U−21欧州選手権予選ではジョージア戦でハットトリックを決めました。
フル代表デビューは2017年3月25日ラトビア戦。2018年W杯予選はこの試合含め7試合戦い、ハンガリー戦で2得点1アシストするなど、出場権獲得に貢献しました。
代表記録

2018年6月8日:新規アップ