カイル・ウォーカー(Kyle WALKER)
フルネーム カイル・アンドリュー・ウォーカー
国籍 イングランド  
出身地 シェフィールド
生年月日 1990・5・20
身長 178cm
体重 73kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK FK
キャプテン経験  
代表デビュー 2011・11・12
スペイン戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 11/12イングランド年間最優秀若手選手(PFA)
11/12,16/17プレミアリーグベストイレブン(PFA)
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
08/09 ノーサンプトン(3部) 
08/09 シェフィールド(2部) 34
09/10 シェフィールド(2部) 34 26
09/10 トッテナム 28
10/11 トッテナム 28
10/11 QPR(2部) 15 20
10/11 アストン・ヴィラ 36 15
11/12 トッテナム 28 37
12/13 トッテナム 28 36
13/14 トッテナム 2 26
14/15 トッテナム 2 15
15/16 トッテナム 2 33
16/17 トッテナム 2 33
17/18 マンチェスター・シティ 2    
強さとしなやかさが同居したフィジカルで相手のプレスをはねのけ、十分なスピードとスタミナによるオーバーラップやフリーランニング、正確なクロスで右サイドの牽引車となります。

ジャマイカにルーツを持つ家に生まれ、7歳で地元シェフィールドの下部組織に入ります。08/09シーズンに3部ノーサンプトンに短期レンタルされ、11月15日オールドハム戦でリーグデビュー。その後のシェフィールドではカップ戦とリーグ戦で1アシストしました。
09/10シーズンに定位置を獲り、途中でトッテナムに引き抜かれます。3月27日ポーツマス戦でプレミアデビューしますが、クロアチア代表チョルルカやフランス代表カブールと層が厚く、10/11シーズンは2部QPRとアストン・ヴィラへレンタル移籍します。前者ではモロッコ代表ターラブトらへ3アシストしてプレミア昇格への道筋をつけました。後者では初戦のFA杯でゴールを挙げ、リーグでもFWベントへのアシストでアーセナルに勝利しました。
11/12シーズンにトッテナムに復帰します。ノースロンドンダービーで決勝ゴール、ブラックバーンでFK、FA杯ワトフォード戦でも決勝アシストして若手のMVPとベスト11になりました。
12/13シーズンはWBA戦とサウサンプトン戦で決勝アシストします。また、11試合に出たヨーロッパリーグでは準々決勝に進出しました。翌シーズンもマンチェスター・U戦でFKを決め、フルハムやエヴァートン戦で決勝アシストとコンスタントに勝負強さを見せました。
15/16シーズンはマンチェスター・U戦でオウンゴールするものの、ウェストハム戦でダメ押しゴールを挙げ、スウォンジー戦でシャドリを援護して逆転勝利をもたらしました。翌シーズンは開幕エヴァートン戦など自己最多の5アシストでチームを54年ぶりの2位に導きました。
17/18シーズンにマンチェスター・Cと5年契約します。エヴァートン戦ではキャリア初の退場となり、ストーク戦ではオウンゴールを喫します。しかしリーグのリヴァプール、ワトフォード戦、チャンピオンズ・リーグのフェイエノールト戦でアシストして圧勝しています。

2009年のU−19欧州選手権は5試合出場して準優勝になりました。2年後のU−21は3試合に出場、チームは早期で敗退しますが、大会ベスト11に選出されました。
2011年11月12日のスペイン戦でフル代表にデビュー。2014年W杯予選は5試合に出場しますが、G・ジョンソンなどの前に本大会メンバーから外れました。
2016年欧州選手権予選は1試合だけでしたが、本大会はレギュラーとして3試合に出場。ウェールズ戦ではマン・オブ・ザ・マッチになりました。
2018年W杯予選は、GKハートと共にチーム最多の9試合に出場しました。
代表記録

2017年12月8日:新規アップ