フルネーム スティーヴ・フォン・ベルゲン
国籍 スイス フォン・ベルゲン
出身地 ヌーシャテル
生年月日 1983・6・10
身長 183cm
体重 77kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2006・9・6
コスタリカ戦
代表背番号
W杯メンバー 10年 14年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 05/06,06/07スイスリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
00/01 ヌーシャテル・ザマックス
01/02 ヌーシャテル・ザマックス 31
02/03 ヌーシャテル・ザマックス 32
03/04 ヌーシャテル・ザマックス 33
04/05 ヌーシャテル・ザマックス 28
05/06 チューリッヒ 25 36
06/07 チューリッヒ 25 27
07/08 チューリッヒ 25
07/08 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 4 25
08/09 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 4 18
09/10 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 4 25
10/11 チェゼーナ(イタリア) 25 34
11/12 チェゼーナ(イタリア) 25 27
12/13 ジェノア(イタリア) 25 35
13/14 ヤングボーイズ 5 35
14/15 ヤングボーイズ 5 32
15/16 ヤングボーイズ 5 27
16/17 ヤングボーイズ 5    
短距離走者を思わせるほどのすさまじいスピードの持ち主。1対1に強く、足元の技術とカバーリング、戦術眼にも優れていますが、空中戦や好不調の波が激しいのが課題です。

8歳からクラブでサッカーを始め、5年後にN・ザマックスに移ります。00/01シーズンにトップに昇格すると、2年目からのレギュラーに定着以降、最終ラインを支え続けました。
05/06シーズンに名門チューリッヒに引き抜かれます。ここでリーグ2連覇を達成し、2006年の選手投票による国内最優秀DFになりました。また、UEFA杯にも初出場しています。
07/08シーズンにファブル監督がH・ベルリンに就任し、彼に呼ばれる形で移籍を決めます。8月25日ビーレフェルト戦でブンデスリーガデビューし、ドイツ代表フリートリヒやクロアチア代表シムニッチなどと共にプレー。チャンピオンズ・リーグではベジクタシュの前にグループリーグ進出を逃しましたが、リーグ戦では25試合に出場しました。2年目は精彩を欠いたものの、3年目は25試合に出場し、ヨーロッパリーグは予備戦含め9試合戦ってベスト32になりました。ところが国内リーグで最下位に終わり、クラブとの契約が満了したこともあり退団します。
そしてセリエAに昇格したチェゼーナにフリーで移籍し、2010年8月28日ローマとの開幕戦でデビュー。長友らと4バックを組み、攻撃面でも本拠レッチェ戦でボグダニのゴールを演出するなど30試合以上に先発してA残留に欠かせない存在となりました。しかし2年目は27試合に減り、チームも5試合残して最下位でBに降格。これに伴いジェノアへ移籍します。
自身は4度も監督交代がある中でチーム最多出場を果たし、サンプドリアとの試合ではセリエA初ゴールを挙げるなど成果を挙げたものの、2年連続でB降格となりました。
13/14シーズンに母国ヤングボーイズへ移っています。

2006年9月6日、コスタリカとの親善試合で代表デビューしますが、2年後に地元で開催された欧州選手権のメンバーからはケガのため落選しました。2010年10W杯予選では終盤の3試合に出場し、グループリーグ敗退に終わった本大会でも全3試合に出場しました。
2012年欧州選手権予選は6試合戦いますが、出場権を逸しました。2014年W杯予選は9試合、本戦も序盤の2試合プレーしましたが、その後は若いシェアにポジションを譲りました。
2016年欧州選手権予選は3試合に終わり、本大会ではベンチを温めました。
代表記録

※:スティーヴ・フォン・ベルゲン(Steve VON BERGEN)
2011年9月23日:新規アップ 2016年7月2日更新