フルネーム マリス・ヴェルパコフスキス
国籍 ラトビア
出身地 リエパヤ
生年月日 1979・10・15
身長 173cm
体重 68kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 1999・6・9
ギリシャ戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 03,04ラトビア年間最優秀選手
チームタイトル 01〜03,15ラトビアリーグ
01〜03ラトビアカップ
03/04ウクライナリーグ
04/05,05/06ウクライナカップ
11/12アゼルバイジャンカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
95 バルティカ・リエパヤ
96 バルティカ・リエパヤ
97 バルティカ・リエパヤ
98 バルティカ・リエパヤ 10 21
99 バルティカ・リエパヤ 10 21
00 バルティカ・リエパヤ 10 16
01 スコント・リガ 27 10
02 スコント・リガ 10 25
03 スコント・リガ 10 25 22
03/04 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 23 11
04/05 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 23 23
05/06 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 23
06/07 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 23
06/07 ヘタフェ(スペイン) 9 12
07/08 ハイデュク・スプリト(チェコ) 29 18
08/09 セルタ(スペイン2部) 18
09/10 エルゴテリス(ギリシャ) 9 22
10/11 エルゴテリス(ギリシャ) 9 25
11/12 バクー(アゼルバイジャン) 9 19
12/13 バクー(アゼルバイジャン) 9
12/13 エルゴテリス(ギリシャ2部) 18
13/14 エルゴテリス(ギリシャ2部) 9 10
14 リエパヤ 99
15 リエパヤ 99
16 リエパヤ 99    
スピードを最大の武器としており、点取り屋としてもWGとしてもプレーできるためカウンターの戦術に最適な、ラトビアを代表するアタッカーです。

地元でキャリアをスタートさせ、99シーズンはリーグ2位、翌シーズンは同3位とクラブを上位に導きます。この活躍でスタルコフ監督率いるリーグ連覇中のリガに引き抜かれ、リーグ2冠の3連覇を達成。特に03シーズンは22ゴールで、国内の年間最優秀選手に選ばれました。
この活躍によりD・キエフと5年契約を結びます。ここでもリーグ優勝やカップ2連覇に貢献すると、04/05シーズンのチャンピオンズ・リーグでは、グループリーグのR・マドリー戦でゴールを挙げました。この活躍により、ファン投票のクラブ年間最優秀選手に選ばれました。
06/07シーズンにスペインのヘタフェへレンタルされます。国内カップではオサスナ戦でゴールを挙げて決勝に進出するものの、セビージャに敗れて海外での初タイトルを逃しました。
その後ヘタフェに完全移籍しますが、H・スプリトにレンタル移籍します。さらに08/09シーズンにスペイン2部のセルタへ移籍しますがノーゴールに終わりました。
ギリシャでは2009年8月22日のパナシナイコス戦でリーグデビューし、10月5日アステラス戦で2ゴールを挙げますが、その後は1ゴールしか挙げられませんでした。2年目もラリッサ戦での1試合2ゴールが唯一のハイライトで1ケタにとどまりました。
アゼルバイジャンやギリシャでも苦戦し、母国に戻っています。

1999年6月9日、翌年の欧州選手権予選ギリシャ戦で代表デビュー。すぐにゴールを挙げて勝利に貢献しますが4位に終わりました。2002年W杯予選は4試合ノーゴールでした。
2004年欧州選手権予選では、リガ時代の恩師スタルコフ監督の下エースとして活躍、プレーオフではトルコとの2試合共にゴールを挙げるなど、10試合6ゴールと素晴らしい成績を残して出場権獲得に大きく貢献しました。本大会ではチェコ、ドイツ、オランダの草刈り場となったのは否めませんでしたが、チェコ戦で同国初となる先制ゴールを挙げました。
2006年W杯予選は12試合で5ゴールを挙げるものの本戦に進めませんでした。2008年欧州選手権予選でも11試合5ゴールでしたが、スペインとスウェーデンに道をふさがれました。
2010年W杯予選でも8試合で3ゴールを挙げるも結果につながらず、2012年欧州選手権予選は7試合1ゴール、2014年W杯予選も9試合で1ゴールに終わりました。
代表記録

※:マリス・ヴェルパコフスキス(Maris VERPAKOVSKIS)
2008年5月13日:新規アップ 2016年6月3日更新