エンネル・バレンシア(Enner VALENCIA)
フルネーム エンネル・レンベルト・バレンシア・ラストラ
国籍 エクアドル  
出身地 サン・ロレンソ
生年月日 1989・11・4
身長 174cm
体重 66kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2012・2・29
ホンジュラス戦
代表背番号 13
W杯メンバー 14年
ニックネーム スーペルマン
個人タイトル  
チームタイトル 13エクアドルリーグ
17/18メキシコリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10 エメレク 24
11 エメレク 14 28
12 エメレク 14 39 13
13 エメレク 7 36
13/14 パチューカ(メキシコ) 14 17 12
14/15 ウェストハム(イングランド) 31 32
15/16 ウェストハム(イングランド) 11 19
16/17 ウェストハム(イングランド) 11
16/17 エヴァートン(イングランド) 19 21
17/18 ティグレス(メキシコ) 13 30 12
18/19 ティグレス(メキシコ) 13    
瞬く間にトップスピードになってカウンターの急先鋒となるエクアドル代表。両WGに加えCFにも対応できる利便性もセールスポイントです。

エクアドル北部沿岸の港町サン・ロレンソに生まれます。カリブ・フニオールの下部組織で育成され、2008年にフリーでエメレクへ移ります。
10シーズンの2月6日D・キト戦で1部デビューし、24試合に出てLDUキト戦で初ゴールを挙げました。リベルタドーレスも7試合に出るなど、サンパオリ監督により主軸となりました。
2年目は監督が変わりますが、LDUロハ戦の1試合2ゴールなど9ゴールを挙げました。3年目もマカラ戦の1試合2ゴールなどキャリア最多の13ゴールを挙げました。
4年目はナシオナル戦で退場し、イエローも8枚受けますが、全4ゴールで3ポイントを得てリーグ優勝に貢献しました。コパ・スダメリカーナではS・ワンカヨ戦でハットトリックを決めて4−0で勝利、U・カトリカ戦では敗れはしますが2ゴールと国際舞台でも決定力を披露しました。
13/14シーズンにパチューカへ移籍し、1月5日トルーカ戦でメキシコリーグにデビュー。5度の1試合2ゴールやプーマス戦のハットトリックなどゴールラッシュを見せました。
14/15シーズンにウェストハムと5年契約し、8月16日トッテナム戦でプレミアデビューします。バーンリー戦でゴール、マンチェスター・C戦で先制アシスト、ストーク戦で1ゴール1アシストするなどFW最多の32試合に出場しました。2年目はパイエの加入やキャロルの巻き返しで19試合にとどまりますが、マンチェスター・C戦など2度の1試合2ゴールを見せました。
3年目が開幕した後にエヴァートンへレンタルされますが、CFとしてはR・ルカクの前にチャンスを得られず、ハル戦で1ゴール1アシストしたのがハイライトになりました。
17/18シーズンにメキシコに戻ります。プエブラとの初戦でハットトリックを決め、C・アメリカとの両試合など3度の1試合2ゴールを決めて、リーグとの相性の良さを見せています。

2011年にメキシコで行われたパン・アメリカンの2試合を経て、翌年の2月29日ホンジュラス戦で代表デビュー。元々WGでしたが、C・ベニテスの他界もありCFとして台頭します。
2014年W杯予選は3試合で不発に終わりました。本大会はグループリーグで敗退しますが、スイス戦とエクアドル戦で3ゴールを挙げました。
2015年コパ・アメリカは3試合戦いボリビアとメキシコに、翌年も4試合でペルー戦で1ゴール、ハイチ戦で1ゴール2アシストしますが、いずれもタイトル獲得はなりませんでした。
2018年W杯予選は12試合に出場。チリ戦でアシスト、アウェーのボリビア戦で2ゴール、ベネズエラ戦で1ゴール1アシストしますが、3連敗と5連敗を喫して敗退しました。
代表記録

2018年1月16日:新規アップ 2018年6月3日更新