宇佐美 貴史(Takashi USAMI)
フルネーム 宇佐美 貴史(ウサミ タカシ)
国籍 日本  
出身地 京都府長岡京市
生年月日 1992・5・6
身長 178cm
体重 68kg
利き足
ポジション MF(LMF)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2015・3・27
チュニジア戦
代表背番号 11
W杯メンバー 18年
ニックネーム タカシ
個人タイトル 10Jリーグベストヤングプレーヤー賞
14,15Jリーグベストイレブン
14ナビスコカップニューヒーロー賞
チームタイトル 09,14,15天皇杯
14Jリーグ
14ナビスコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
09 ガンバ大阪 33
10 ガンバ大阪 33 26
11 ガンバ大阪 11 14
11/12 バイエルン(ドイツ) 14
12/13 ホッフェンハイム(ドイツ) 33 20
13 ガンバ大阪(J2) 39 18 19
14 ガンバ大阪 39 26 10
15 ガンバ大阪 39 34 19
16 ガンバ大阪 39 17
16/17 アウクスブルク(ドイツ) 39 11
17/18 デュッセルドルフ(ドイツ2部) 33 28
18/19 デュッセルドルフ(ドイツ) 33    
正確でスピーディーなドリブルで相手の守備を簡単にいなしてエリア付近に侵攻し、振りの早いシュートで確実にネットを射抜くG大阪下部組織のアタッカーです。

6歳で地元の長岡京FCに入団します。小学校高学年になると1試合7得点や7試合連続ハットトリックなど群を抜いた才能を示し、2004年まで在籍しました。
G大阪でも下部で結果を残し、2009年5月20日FCソウル戦で17歳14日とクラブ最年少のトップデビューを得点で飾りました。4日後の鹿島戦にてJ1にデビューしました。
10シーズンの本拠FC東京戦でJ1初得点を挙げ、ACLでも2連発と、遠藤、二川、韓国代表イ・グノとの攻撃陣で脚光を浴び、バイエルンへレンタルされます。
2011年8月13日ヴォルフスブルク戦でブンデスにデビューします。しかしリベリやロッベンの前にわずか3試合に終わり、リザーブでの6点に終わりました。その後にレンタルされたホッフェンハイムでも序盤の2得点のみと印象を残せませんでした。
13シーズン、J2に降格したG大阪に復帰し、最初の神戸戦など4度の1試合2得点、徳島戦の1試合4得点など実力の違いを見せてクラブを1年でJ1に戻します。
14シーズンも神戸との両試合の2得点など10得点を挙げると、天皇杯で4得点、ナビスコ杯で5得点を挙げてクラブ初の3冠に多大な貢献を果たしました。
15シーズンも甲府戦から松本戦まで6連発、山形戦のハットトリック、鹿島戦の2得点などキャリア最高の成績を残します。また、天皇杯で4得点を挙げて連覇しました。
16シーズンも浦和戦など3連発し、アウクスブルクへ移籍します。しかし出場機会が限られ、2部デュッセルドルフにレンタル移籍します。ここではグロイターフュルト戦からの4連発など8得点を挙げてブンデス昇格に貢献しました。その後自ら希望してレンタル期間を延長し、H・ベルリン戦で先制点、ドルトムント戦でアシストしてチームを勝利に導いています。

柴崎や杉本らと共に出場した2009年U−17W杯は3連敗しました。2012年トゥーロンで2得点を挙げて五輪につなげますが、4試合で不発に終わりました。
2015年3月27日チュニジア戦でフル代表デビューします。同年の東アジア杯は3試合で無得点に終わり、チームも2分1敗と精彩を欠きました。
10試合に出た2018年W杯予選はシリア戦で点を取りますが、終盤はプレーできませんでした。クラブで師事した西野監督への交代もあり2018年W杯メンバーに選ばれますが、セネガルとポーランド相手に決定的な場面はありませんでした。
代表記録

2019年3月26日:新規アップ