シェリフ・トゥーレ(CHERIF TOURE)
フルネーム ママム・シェリフ・トゥーレ
国籍 トーゴ  
出身地 マンゴ
生年月日 1981・1・13
身長 182cm
体重 77kg
利き足
ポジション MF(RMF OMF)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 1・4
ギニア戦
代表背番号 10
W杯メンバー 06年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
97/98 ニュルンベルク(ドイツ)    
98/99 マルセイユ(フランス)    
98/99 アル・ジャジーラ(UAE)    
99/00 アル・ジャジーラ(UAE)    
00/01 ハノーファー96(ドイツ2部)
01/02 アル・ナスル(サウジアラビア)    
01/02 リヴィングストン(スコットランド)
02/03 リヴィングストン(スコットランド) 23
03/04 リヴィングストン(スコットランド)
04/05 リヴィングストン(スコットランド)
05/06 メッツ(フランス) 14 10
06/07 サンス(フランス2部)
07/08 アル・ジャジーラ(UAE) 16
07/08 MCアルジェルス(アルジェリア) 
高精度のプレースキックを持ち、広い視野でチャンスを作ってトラップやパスなどテクニックに優れたファンタジスタ。レフティーであり、右サイドから中に切れ込むプレーも見せます。

トーゴの西部に位置するマンゴという町で生まれ、首都ロメに引っ越した後ボールを蹴りはじめます。サッカーを始めた当初から巧みなテクニックで人目を引くプレーをしていましたが、地元クラブからのオファーはありませんでした。
しかし、エージェントをしている元ドイツ代表GKアンドレアス・ケプケにスカウトされ、14歳でフランクフルトの下部組織に入りますが、ホームシックに悩まされる苦難の日々が続きました。
ファンタジスタならではの自由奔放なプレーが非難の的となり、移籍を繰り返します。マルセイユに移籍したときは若すぎたこともあり、トップチームで活躍できる実力ではありませんでした。
その後何年かを中東のクラブでプレーし、01/02シーズンよりヨーロッパへ復帰しました。リヴィングストンでは4シーズン在籍し、ようやく腰を落ち着けてプレーすることができましたが、それでもフルに戦ったシーズンはなく、不完全燃焼の状況が続いていました。
その後アデバヨールやアガサなど、トーゴの選手獲得に積極的なフランスのメッツと2年契約を交わしましたが出場機会に恵まれず、06/07シーズンより各国クラブを転々としています。

代表デビューは1月4日のギニア戦。06年W杯予選の代表にも選ばれ、エースのアデバヨールとともに攻撃の中心となり11試合3得点と活躍して母国のW杯初出場に貢献しました。本大会では3戦全敗でしたが、全試合出場を果たしています。
代表記録
2007年2月9日:新規アップ 2012年8月18日更新