戸塚 哲也(Tetsuya TOTSUKA)
フルネーム 戸塚 哲也(トツカ テツヤ)
国籍 日本  
出身地 東京都
生年月日 1961・4・24
身長 174cm
体重 70kg
利き足  
ポジション MF(OMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 1980・12・22
香港戦 
代表背番号 11 17
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 84(14)、90/91(10)日本サッカーリーグ得点王
81,83,84日本サッカーリーグベストイレブン
チームタイトル 83,84,86/87,90/91,91/92日本サッカーリーグ
84,86,87天皇杯
87/88アジア・クラブ選手権
92,93,94ナビスコカップ
93,94セカンドステージ
93,94Jリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
79 読売クラブ(JSL1部)
80 読売クラブ(JSL1部) 17
81 読売クラブ(JSL1部) 18
82 読売クラブ(JSL1部) 18
83 読売クラブ(JSL1部) 18
84 読売クラブ(JSL1部) 16 14
85 読売クラブ(JSL1部) 22
86/87 読売クラブ(JSL1部) 20
87/88 読売クラブ(JSL1部) 18
88/89 読売クラブ(JSL1部) 22
89/90 読売クラブ(JSL1部) 18
90/91 読売クラブ(JSL1部) 22 10
91/92 読売クラブ(JSL1部) 21
92 ヴェルディ川崎
93 ヴェルディ川崎 10
94 ヴェルディ川崎
94 柏レイソル(JFL) 17
96 小山FC    
相手DFからボールを奪われることがほとんどないほどの類まれなボールキープ力があり、懐の深いドリブルで敵陣内へ切り込みます。
また、遠い位置から大胆にミドルシュートを撃つこともある攻撃意識の非常に高い選手です。

都立世田谷工業高校自動車課を卒業し、1973年に読売サッカークラブへ入団。1979年に17歳の最年少記録で日本リーグにデビューします。
その後1980年代から1990年代にかけて、読売クラブ、V川崎(現東京V)の黄金期を支える存在になります。日本リーグ優勝、天皇杯優勝、Jリーグ年間優勝といった数多くのタイトルをクラブにもたらすばかりでなく、個人としても日本リーグ得点王やベストイレブンなどたくさんのタイトルを獲得。1981年にはスペインの強豪、バレンシアにサッカー留学をしています。
1994年にJFL柏にレンタル移籍すると17試合に出場して4ゴールを決め、元ブラジル代表FWカレカと共にJリーグ昇格に貢献しました。
1996年には栃木のクラブであるワールドブリッツ小山に移籍し、監督兼任でプレー。チームを天皇杯の栃木県代表に導いたのです。
シーズンオフに現役引退し、サッカー解説者や指導者として活動します。一方で、1997年のビーチサッカー世界大会で日本代表入りを果たしました。
JSL 239試合67得点 Jリーグ 17試合1得点

1978年、弱冠16歳でU−20代表に選ばれました。2年後の12月22日香港戦でのフル代表デビュー以降、1982年W杯予選に4試合、1986年大会予選に2試合出場します。
代表に選ばれても、技巧を駆使した自らのプレーが無骨なスタイルのチームがそぐわないといった理由で辞退することもあったという職人肌の選手でした。
代表記録 22試合3得点
2006年5月10日:新規アップ 2012年3月1日更新