徳永 悠平(Yuhei TOKUNAGA)
フルネーム 徳永 悠平(トクナガ ユウヘイ)
国籍 日本  
出身地 長崎県雲仙市
生年月日 1983・9・25
身長 180cm
体重 77kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2009・10・8
香港戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム ユウヘイ
個人タイトル  
チームタイトル 04,09ナビスコカップ
11天皇杯
所属クラブおよび背番号 出場 得点
03 FC東京 32
04 FC東京 35
05 FC東京
06 FC東京 25 32
07 FC東京 25 33
08 FC東京 25 30
09 FC東京 25 34
10 FC東京 2 30
11 FC東京(J2) 2 37
12 FC東京 2 31
13 FC東京 2 34
14 FC東京 2 34
15 FC東京 2 33
16 FC東京 2 30
17 FC東京 22    
正確なクロスや縦への突破など右SBが本職ですが、頑強なフィジカルで1対1に強く、守備的なポジションを網羅するJ屈指のユーティリティプレーヤーです。

雲仙市出身。国見少年SC、国見中を経て国見高に進みます。2年でインターハイ、国体、選手権の3冠、3年では主将として全日本ユースと選手権の2冠と多くの栄光に浴しました。
早大では特別指定選手としてFC東京でプレー、2003年4月29日神戸戦でJ1にデビューし、リーグ戦通算14試合、ナビスコ杯でも6試合に出て優勝に立ち合いました。その後は主将として関東2部を制し、ユニバーシアードでも全試合に出場するなど実績を作りました。
06シーズンにFC東京に入ってプロのキャリアを始め、GK土肥、DF茂庭、MF今野らと守備を担います。10シーズンはイエロー6枚で降格しますが、翌シーズンは3得点を挙げて1年でJ1に復帰したほか、天皇杯を制しました。以降は森重や高橋秀との守備を盤石にし、15シーズンはイエロー5枚とキャリア2番目に多かったものの、チームの順位は最高の4位となりました。また、2012年と2016年にはACLにも参戦し、前者では蔚山から得点を挙げています。

2003年のWユースは準々決勝まで5試合に出場。2試合に出たアテネ五輪はグループリーグで敗退しました。2012年ロンドン五輪には左SBとして5試合出場し、共にオーバーエージで選ばれた吉田麻と最終ラインを安定させ、日本を44年ぶりのベスト4に導きました。
フル代表デビューは2009年10月8日香港戦。4年後の東アジア杯は2試合出ました。
代表記録

2017年9月24日:新規アップ