トーマス・パーテイ(THOMAS Partey)
フルネーム トーマス・テイェ・パーテイ
国籍 ガーナ  
出身地 クロボ・オードゥーマシ
生年月日 1993・6・13
身長 185cm
体重 76kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2016・6・5
モーリシャス戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 17/18UEFAヨーロッパリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
12/13 アトレティコ・マドリーB(スペイン3部) 33
13/14 マジョルカ(スペイン2部) 5 37
14/15 アルメリア(スペイン) 22 31
15/16 アトレティコ・マドリー(スペイン) 22 13
16/17 アトレティコ・マドリー(スペイン) 22 16
17/18 アトレティコ・マドリー(スペイン) 5 33
18/19 アトレティコ・マドリー(スペイン) 5    
スピードとスタミナ、強さを兼ね備えた高い身体能力を前面に出したハードなプレスで流れを引き寄せるA・マドリー出身の守備的MFです。

8人兄弟の長男として生まれます。父親が経営しコーチも務める地元クロボ・オードゥーマシにあるチームで9歳までプレーし、テマを経て2011年にA・マドリーのカンテラに入ります。リザーブではサウールとコンビを組み、トップのR・ソシエダ戦ではベンチに入りました。
13/14シーズンにマジョルカへレンタルされ、アセンシオやイスラエル代表ヘメドと共に中軸となります。攻撃では5ゴールでチームに勝ち点をもたらしますが、イエロー13枚に加え、ムルシア、ヌマンシア戦のレッド2枚と守備の粗さは否めず、17位で降格しました。
その後ヘメドと共にアルメリアへレンタル移籍し、2014年8月23日エスパニョール戦でリーガにデビューします。ビジャレアル戦から7連敗しイエロー13枚と守勢に回る局面が多く、終盤のグラナダ戦で2ゴールを挙げるものの19位に終わって1部残留はなりませんでした。
15/16シーズンにA・マドリーに戻ります。ガビ、コケ、サウールと層が厚いものの、過密日程をこなすチームの戦力として、カップ戦やリーグのレバンテ戦で決勝ゴールをマーク。佳境となったチャンピオンズ・リーグも5試合出ますが、決勝でR・マドリーにPK負けしました。
2年目は1ゴール2アシスト、カップ戦でも2アシスト、チャンピオンズ・リーグでも6試合出ますが、R・マドリーへの雪辱はなりませんでした。3年目はデポルティボ戦の終了間際に決勝点を挙げました。6試合に出たチャンピオンズ・リーグはチェルシーとローマの前に敗退しますが、8試合に出たヨーロッパリーグではアーセナルやマルセイユなどを下して優勝しました。

2016年6月5日モーリシャス戦で代表デビューします。翌年のアフリカ選手権は5試合にスタメン出場してベスト4に進出しました。
2018年W杯予選は4試合戦い、アウェーのコンゴ戦でハットトリックを決めますが、敗退しました。その後日本との親善試合では先制点を挙げて勝利しました。
代表記録

2017年12月4日:新規アップ 2018年6月23日更新