ダニエル・スターリッジ(Daniel STURRIDGE)
フルネーム ダニエル・アンドレ・スターリッジ
国籍 イングランド  
出身地 バーミンガム
生年月日 1989・9・1
身長 188cm
体重 76kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2011・10・15
スウェーデン戦
代表背番号 9 15
W杯メンバー 14年
ニックネーム  
個人タイトル 13/14プレミアリーグベストイレブン(PFA)
チームタイトル 09/10プレミアリーグ
09/10,11/12FAカップ
11/12UEFAチャンピオンズ・リーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
06/07 マンチェスター・シティ 36
07/08 マンチェスター・シティ 36
08/09 マンチェスター・シティ 28 16
09/10 チェルシー 23 13
10/11 チェルシー 23 13
10/11 ボルトン 15 12
11/12 チェルシー 23 30 11
12/13 チェルシー 23
12/13 リヴァプール 15 14 10
13/14 リヴァプール 15 29 22
14/15 リヴァプール 15 12
15/16 リヴァプール 15 14
16/17 リヴァプール 15 20
17/18 リヴァプール 15    
高度な技術と快足でカットインしてミドル、味方のパスに反応するダイレクトと、CFとWG双方でプレーできるイングランド代表。ケガに弱いもののエゴが無く、チームプレーができます。

バーミンガム生まれ。ディーン、サイモンという叔父二人も元プロ選手という環境で成長します。アストン・ヴィラでプレーが始まり、コヴェントリーを経て2003年にマンチェスター・Cのアカデミーに移ります。FAユース杯では2006年大会に4ゴールを挙げ、リヴァプールとの決勝でも2ゴールと敗れはしますが出色の働きを見せ、06/07シーズンにトップに昇格します。
2007年2月3日レディング戦でプレミアデビューしますが、臀部の負傷もありトップでは出場機会に恵まれませんでした。2年目のリザーブでは、ユース杯最多のゴールでチームを決勝に導き、トップでもFA杯とプレミアでゴールをマーク、これは史上初の出来事となりました。
その後08/09シーズンに就任したヒューズ監督の下では、アーセナル戦など4ゴール3アシストと抜擢に応え、クラブの年間最優秀若手選手に選ばれました。
クラブとの契約を更新せず、09/10シーズンにチェルシーへ移ります。優勝したリーグでは13試合1ゴールに終わったものの、FA杯では4ゴールで国内2冠を達成しました。
翌シーズンのチャンピオンズ・リーグではジリナ相手に2ゴールします。その後ボルトンへレンタルされ、最初の試合から4連発、ウェストハム戦での2ゴールなど決定力を見せました。
最終節の古巣マンチェスター・C戦で退場し、11/12シーズンの開幕から3試合出場停止になりますが、復帰したサンダーランド戦でバックヒールを決めました。その後もボルトンから2ゴール1アシスト、リヴァプールやトッテナム戦など11ゴール5アシストしました。
12/13シーズン途中にリヴァプールへ。FA杯とリーグ戦で3連発し、チェルシー戦でゴールとアシスト、ニューカッスル戦で2ゴール1アシスト、フルハム戦でハットトリックしました。翌シーズンも開幕からマンチェスター・U戦含む4連発、マージーサイドダービーの両試合で3発を含むクラブ初の8連発と、スアレスとの2トップで自己最多の22ゴールを挙げました。
15/16シーズンはA・ヴィラから3ゴール、ストーク戦から4連発します。ヨーロッパリーグでもマンチェスター・U、ビジャレアル、セビージャからゴールしました。翌シーズンもリーグ杯で2度の1試合2ゴールを決めますが、ケガや補強でフル稼働できない状況が続いています。

U−16から各年代に名を連ね、イタリアとのU−17欧州選手権決勝でゴールを挙げます。U−19とU−21欧州選手権ではいずれも3試合出場し、後者ではベスト11になりました。
2011年10月15日スウェーデン戦でフル代表デビューします。翌年はロンドン五輪で英国代表として4試合戦い、UAEとウルグアイ相手に連発しました。
2014年W杯予選は4試合2ゴール、本戦はイタリア戦で先制されてからすぐに追撃のゴールを挙げますが、勝ち越されました。3試合1分2敗でグループリーグ敗退となりました。
2016年欧州選手権は3試合に出場。ウェールズとの英国対決でヴァーディーの同点弾をアシストし、自身も終了間際に決勝ゴールを挙げました。
代表記録

2017年11月3日:新規アップ