塩谷 司(Tsukasa SHIOTANI)
フルネーム 塩谷 司(シオタニ ツカサ)
国籍 日本  
出身地 徳島県小松島市
生年月日 1988・12・5
身長 182cm
体重 78kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK FK
キャプテン経験  
代表デビュー 2014・10・10
ジャマイカ戦
代表背番号 16 18
W杯メンバー  
ニックネーム シオ
個人タイトル 14〜16Jリーグベストイレブン
チームタイトル 12,13,15Jリーグ
17/18UAEリーグ
17/18UAEカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
11 水戸ホーリーホック(J2) 20 35
12 水戸ホーリーホック(J2) 6 25
12 サンフレッチェ広島 33
13 サンフレッチェ広島 33 34
14 サンフレッチェ広島 33 32
15 サンフレッチェ広島 33 27
16 サンフレッチェ広島 33 30
17 サンフレッチェ広島 33 14
17/18 アル・アイン(UAE) 33 18
18/19 アル・アイン(UAE) 33    
人への強さが際立つディフェンスに加え、後方からのビルドアップ、FK、ミドルシュートと、正確で力強いキックを持ち味とするストッパーです。

徳島県小松島市出身。南小松島や大松少年団と小学時代はFWとしてプレーしました。中学時代はJリーグ徳島の前身である大塚ジュニアユースに在籍しました。
徳島商では1,2年で高校選手権に出場、国士館大に特待生として入学します。しかし出番に恵まれず、3年時の父親の他界もありプロ入りを断念することも考えますが、元日本代表主将の柱谷哲コーチにより守備的MFからCBにコンバートされて飛躍を遂げました。
11シーズンに柱谷哲コーチが監督に就任する水戸に入り、3月5日京都戦でJ2デビュー。3得点も勝利には結びつかずカードも8枚受けました。2年目は群馬戦で決勝点をマーク、その後途中に広島に引き抜かれ、9月15日仙台戦でJ1デビューしました。
2年目は森脇の退団により千葉、水本との3バックの一角を担い、大分の両試合など3得点を挙げてリーグ連覇に貢献。3年目は2度の2連発など自己最多の6得点を挙げ、ACLでも2連発しました。4年目は新潟との両試合で3得点を挙げて3度目のJリーグ制覇を達成、クラブW杯でも2連発と攻撃でも存在感を示しました。5年目もホーム浦和戦の2得点含む5得点を挙げ、3季連続でリーグのベストイレブンに選出されて国内屈指の存在となりました。
そしてアル・アインに移ります。9月16日アル・ワスル戦でUAEリーグにデビューし、終盤に3得点を挙げてチームに勝ち点7をもたらしてリーグ優勝をに貢献。2年目はACLで1得点を挙げ、クラブW杯でもR・マドリー戦でヘッドを決めて一矢を報いました。

アギーレ監督により、2014年10月10日ジャマイカ戦で代表デビューします。続くブラジル戦で惨敗し、2015年アジア杯は出場機会がありませんでした。2016年リオ五輪では興梠、藤春と共にオーバーエージで選ばれ3試合に出場しました。
クラブで師事した森保監督により、在籍クラブの地元UAEで開催される2019年アジア杯に追加召集され、ウズベキスタン戦で左足ミドルを決めて勝利に貢献しました。
代表記録

2019年1月24日:新規アップ