マクシム・シャツキフ(Maksim SHATSKIKH)
フルネーム マクシム・アレクサンドロヴィッチシャツキフ
国籍 ウズベキスタン  
出身地 タシケント
生年月日 1978・8・30
身長 187cm
体重 70kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験 代表
代表デビュー 1999・8・18
アゼルバイジャン戦
代表背番号 10 16
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 99/00,02/03ウクライナリーグ得点王
03,05,06,07ウズベキスタン年間最優秀選手
チームタイトル 99/00,00/01,02/03,03/04,06/07,08/09
ウクライナリーグ
99/00,02/03,04/05〜06/07ウクライナカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
94 MHSKタシケント    
95 チランザール・タシケント    
96 ソコル・サラトフ(ロシア2部) 12
96 トルペド・ヴォルジスキ(ロシア2部)
97 ラダ・トルヤッティ(ロシア2部) 22
98 ガゾヴィク・ガスプロム(ロシア2部) 27
99 バルティカ(ロシア2部) 19
99/00 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 25 20
00/01 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 14
01/02 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 17
02/03 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 29 22
03/04 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 21 10
04/05 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 29 11
05/06 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 22
06/07 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 29
07/08 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16 23 10
08/09 ディナモ・キエフ(ウクライナ) 16
09 ロコモティフ・アスタナ(カザフスタン) 16 15
09/10 アーセナル・キエフ(ウクライナ) 15 13
10/11 アーセナル・キエフ(ウクライナ) 15 28
11/12 アーセナル・キエフ(ウクライナ) 16 24
12/13 アーセナル・キエフ(ウクライナ) 16 18
12/13 チェルノモレツ(ウクライナ) 16
13/14 アーセナル・キエフ(ウクライナ) 16 12
13/14 ホベルラ・ウージュホロド(ウクライナ) 61
14/15 ホベルラ・ウージュホロド(ウクライナ) 16 18
15/16 ルフ・ヴィンニキ(ウクライナ4部)    
クロスやスルーパスに対する反応が秀逸なウズベキスタン最高のストライカーで、ウクライナリーグにおける外国人最多得点記録保持者です。

地元タシケントでプレーを始め、ロシア2部で毎シーズンのように所属クラブを変えながらも徐々に成果を出し始めて99/00シーズンにD・キエフへ移籍します。
チャンピオンズ・リーグで旋風を巻き起こしたシェフチェンコの後釜という重圧の中、18得点のレブロフと国内最強2トップを結成、20得点で得点王になりチームをリーグ連覇に導きました。その後はメラシュチェンコやルーマニア代表チェルナト、ベラルーシ代表ビャルケヴィッチなどの影に隠れましたが、2度目の得点王を皮切りに3年連続2ケタ得点を達成しました。
アジアの選手として初めて出場したチャンピオンズ・リーグでは、1年目から予選と本戦合わせて5得点を挙げて2次リーグ進出に貢献。2年目は2得点、4年目はニューカッスルやユヴェントス相手に3得点、5年目はアーセナル戦、6年目はローマ戦と欧州の舞台でも着実に結果を残します。8年目はS・ブカレスト、R・マドリー、リヨンと序盤のグループリーグ3試合をいずれも大量失点で敗れますが、その中でもR・マドリーとの最終戦で2得点と意地を見せました。その後も2年連続でチャンピオンズ・リーグを戦いましたが、無得点に終わりました。
9年目の国内リーグは15得点のマリ代表バングーラに次ぐ10得点を挙げました。その後の母国でのプレーはわずかな期間になりましたが、すぐにウクライナに戻ってA・キエフに入り、2010年4月7日にはリーグ100得点を記念してゴールデンボールを受賞しました。2年目はヴォロベイが抜けた穴を埋めてチーム最多の9得点を挙げました。
その後は加齢の影響もあり、ベンチスタートが多くなっています。

1999年8月18日のアゼルバイジャン戦でフル代表にデビューします。翌年のアジア杯予選で3得点を挙げますが、本大会には進めませんでした。
5試合戦った2002年W杯予選は不発に終わりますが、2006年W杯予選は9試合で5得点、2007年アジア杯予選も4得点、本戦で3得点と役割を果たしました。
2010年W杯予選も11試合戦い、C・タイペイ相手の5得点やアウェーの日本戦など8得点。2014年W杯予選もタジキスタン戦でネットを揺らして存在感を示しました。
2011年アジア杯は6試合戦い、クウェート相手に先制点を取っています。
代表記録

余談
・実の弟オレグもプロサッカー選手です。
2015年3月31日:新規アップ 2016年5月29日更新