シャオ・ジアイ(Jiayi SHAO)
フルネーム シャオ・ジアイ(邵 佳一)
国籍 中国  
出身地 北京
生年月日 1980・4・10
身長 183cm
体重 70kg
利き足
ポジション MF(LMF)
FK PK FK
キャプテン経験 代表
代表デビュー 2000・10・5
ヨルダン戦
代表背番号
W杯メンバー 02年
ニックネーム  
個人タイトル 02Cリーグベストイレブン
04AFCアジアカップベストイレブン
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
99 北京国安
00 北京国安 15
01 北京国安 20
02 北京国安 27
02/03 1860ミュンヘン(ドイツ) 8 12
03/04 1860ミュンヘン(ドイツ) 8
04/05 1860ミュンヘン(ドイツ2部) 8 16
05/06 1860ミュンヘン(ドイツ2部) 8 25
06/07 コットブス(ドイツ) 20 29
07/08 コットブス(ドイツ) 20 14
08/09 コットブス(ドイツ) 20
08/09 コットブスU(ドイツ4部) 20 10
09/10 コットブス(ドイツ2部) 20 25
10/11 コットブス(ドイツ2部) 20 25
11/12 デュイスブルク(ドイツ2部) 10
12 北京国安 29 20
13 北京国安 29 26
14 北京国安 29 22
15 北京国安 29 17
16 北京国安 29    
中国きってのFKのスペシャリストとして知られる左サイドアタッカー。左足から放たれ鋭く曲がる弾道はサポーターから自身の名前を冠されています。

地元の北京国安でプレーを始めます。2年目から出場機会を増やして国内カップで2年連続のファイナリストになると、W杯にも出場して心身共に充実した02シーズンは27試合7ゴールで前年8位のチームをリーグ3位に押し上げ、ベストイレブンに選ばれました。
そして1860ミュンヘンに移り、2003年2月1日ハノーファー戦でブンデスリーガにデビューします。オーストリア代表MFチェルニーやブルガリア代表MFボリミロフらとFWラウへおぜん立てし、自身も5月10日コットブス戦で初ゴールを挙げました。
しかし2年目はケガでほとんどの試合を棒に振って2部に降格します。そのままチェルニーと共にチームに残り、チェコ代表FWコロマズニクやオーストリア代表FWアゴスティーノといった面々と昇格を目指しましたが、4位、13位と振るいませんでした。
コットブスではラドゥやV・ムンテアヌといったルーマニア代表勢とのプレーで3シーズン連続で1部残留を果たすもののリザーブでのプレーも経験。2部降格後のトップに復帰すると、自己最多の8ゴールをマークするなどレギュラーとしての役割を果たしました。
12シーズンに古巣に戻り、カヌーテやP・ウタカといったアフリカ勢、エクアドル代表ゲロン、モンテネグロ代表ダムヤノヴィッチといった外国人とのプレーで上位になっています。

2000年10月5日ヨルダン戦に代表デビューし、直後のアジア杯で2試合に出場してベスト4になります。2002年W杯予選で4試合戦い、本戦にもエントリーされて2試合戦いますが、ブラジル戦で4失点すると、トルコ戦でも3失点してレッドカードも受けました。
2004年アジア杯は3ゴールを挙げてチームを決勝に導きましたが、日本に連覇を許しました。3年後の大会ではイラン相手に2大会連続ゴールを挙げました。
W杯予選は2006年大会に2試合、2010年W杯予選に1試合出場しています。
代表記録

2014年11月5日:新規アップ 2016年6月1日更新