佐藤 寿人(Hisato SATO)
フルネーム 佐藤 寿人(サトウ ヒサト)
国籍 日本 佐藤寿
出身地
生年月日 1982・3・12
身長 170cm
体重 67kg
利き足
ポジション FW(ST)
FK PK PK
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2006・2・11
アメリカ戦
代表背番号 11 37
W杯メンバー  
ニックネーム ヒサト
個人タイトル 05,12Jリーグベストイレブン
07,12,13Jリーグフェアプレー個人賞
12日本年間最優秀選手
12Jリーグ最優秀選手
12Jリーグ得点王
チームタイトル 12,13,15Jリーグ
15セカンドステージ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
00 ジェフ市原 25
01 ジェフ市原 14 14
02 セレッソ大阪(J2) 24 13
03 ベガルタ仙台 11 30
04 ベガルタ仙台(J2) 11 44 20
05 サンフレッチェ広島 11 32 18
06 サンフレッチェ広島 11 33 18
07 サンフレッチェ広島 11 34 12
08 サンフレッチェ広島(J2) 11 40 28
09 サンフレッチェ広島 11 34 15
10 サンフレッチェ広島 11 27 10
11 サンフレッチェ広島 11 33 11
12 サンフレッチェ広島 11 34 22
13 サンフレッチェ広島 11 34 17
14 サンフレッチェ広島 11 29 11
15 サンフレッチェ広島 11 34 12
16 サンフレッチェ広島 11 19
17 名古屋グランパス(J2)    
エリア内での的確なポジション取りやアグレッシブな仕掛け、ルーズボールに対する反応が傑出した左利きのストライカー。コーナーフラッグを使用したゴールパフォーマンスが特徴です。

埼玉県春日部市生まれ。小学1年より大増サンライズでサッカーを始めます。小学6年時、市原(現千葉)のジュニアユースに入るため千葉県八千代市に移り、テストに合格しました。
2003年に仙台に所属したときから注目を集めます。持ち前の感覚と熱いパフォーマンスでチームを牽引し、公式戦34試合で13ゴールを記録しました。残念ながらJ2への降格が決まりましたが、市原、広島など複数のJ1チームからのオファーを全て断り残留を決断しました。
2004年は44試合で20ゴールを記録してJ2のランキング4位となりましたが、チームはJ1には上がれませんでした。そしてシーズンオフに広島への完全移籍を決断したのです。
広島では5月以降ゴールを重ね、ハットトリックも2試合記録。Jリーグ得点ランキング3位、日本人の中では最多の18ゴールを挙げ、広島を一時は2位まで躍進させる原動力となりました。この活躍で2005年のJリーグベストイレブンに選出されました。
06シーズンの第9節ホームのC大阪戦では試合開始8秒でゴールを挙げ、J最速記録を作ります。そして川崎の我那覇とともに2年連続日本人最多ゴールを記録し、国内でも指折りのFWとしての地位を確立しますが、07シーズンにまさかの降格を経験しました。
入れ替え戦で敗戦した後にサポーターに向けて「昇格しよう!」と叫ぶなど即座にクラブへの残留を決めると、格の違いを見せてJ2得点王に輝くと共にチームをJ1復帰に導きます。
そして15ゴールを挙げてチームを4位躍進に導き、アジア・チャンピオンズ・リーグ出場権を手にしました。しかし翌シーズンは9月に右肩を痛めて不本意な結果に終わり、決勝に進んだナビスコ杯も自身の欠場もあってチーム敗戦の要因となりました。
12シーズンは開幕からゴールを量産し、柏や鳥栖、川崎の両試合と計5度の1試合2ゴールなど22ゴールを挙げてクラブ初優勝に貢献。自身は個人タイトルを総なめにして、キャリア最高のシーズンを過ごしました。翌シーズンも柏とのスーパー杯で決勝ゴールを挙げて好スタートを切り、リーグでは湘南や川崎F相手のハットトリックや鳥栖相手のロングボレーなど連覇の原動力となり、天皇杯でも甲府との準々決勝で先制点を決めてチームを決勝に導きました。
14シーズンは、川崎F戦での左足ボレーがプスカシュ賞にノミネートされます。ナビスコ杯でも5試合で4ゴールを挙げました。15シーズンは甲府との開幕戦、山形戦のハットトリックとJ2含めて12年連続2ケタを果たし、最終節湘南戦で中山が持つJ1最多157点に並びました。
16シーズンの開幕戦でその記録を塗り替えますが、P・ウタカの加入でチャンスが減少し、2桁ゴールが途絶えました。これによりJ2に降格した名古屋への移籍を決意しています。

2001年Wユースではオーストラリアとチェコの2試合に途中出場したものの、いずれもノーゴールに終わり、チームもグループリーグで姿を消しました。
2005年末に日本代表に初招集されると、翌年2月11日のアメリカ戦で代表デビューを果たし、アジア杯最終予選のインド戦で初ゴールを決めました。2006年W杯出場は、プレースタイルが似た玉田の存在があったためかないませんでした。
2010年W杯予選では3試合の出場にとどまり、岡崎や森本といった後進の台頭により再び登録メンバーから外れています。
代表記録

余談
・千葉などで活躍しているMF佐藤勇人は双子の兄です。
※:埼玉県春日部市

2006年3月30日:新規アップ 2016年12月18日更新