アントニオ・サナブリア(Antonio SANABRIA)
フルネーム アルナルド・アントニオ・サナブリア・アジャラ
国籍 パラグアイ  
出身地 サン・ロレンソ
生年月日 1996・3・4
身長 180cm
体重 70kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2013・8・14
ドイツ戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム トニー
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
13/14 バルセロナB(スペイン2部) 28 10
13/14 サッスオーロ(イタリア) 96
14/15 ローマ(イタリア) 96
15/16 スポルティング・ヒホン(スペイン) 20 29 11
16/17 ベティス(スペイン) 9    
巧みなボールコントロールや裏への素早い飛び出し、相手DFのマークを外すポジショニングと、エリア内で強さを発揮するバルサ育ちのパラグアイ代表CFです。

フットサルで技術に磨きをかけたアントニオ・サナブリア、通称トニーは、8歳でセロ・ポルテーニョの下部組織で本格的にサッカーに取り組みます。13歳でバルサのカンテラに入り、2012年にはビラノバ監督からトップチームの練習へ参加するよう要請されました。
13/14シーズンにBチームに上がり、9月29日マジョルカ戦でプロのキャリアを始めます。そしてラス・パルマスとのホームゲームなど3ゴールを挙げました。
その後バルサとの契約延長を拒否してサッスオーロへ。2014年3月23日ウディネーゼ戦でセリエにデビューするも2試合にとどまり、ローマでもトッティの前に出番がありませんでした。
15/16シーズンにS・ヒホンへレンタルされ、8月23日R・マドリー戦でリーガデビュー。同じバルサ育ちのハリロヴィッチとの関係を築きます。デポルティボ戦で2ゴールを挙げると、21歳以下ではリーガ初となる2度のハットトリックをラス・パルマス戦とR・ソシエダ戦で達成。計11ゴールを挙げて2部降格を回避しました。翌シーズンに移籍したベティスではベテランのR・カストロとの前線が期待されたものの、ケガもあって精彩を欠いています。

2013年U−20W杯は4試合(イラク戦でレッドカード)、2015年U−20南米選手権は5試合戦いますが、ノーゴールに終わりました。
フル代表デビューは17歳で迎えた2013年8月14日ドイツ戦。2014年W杯予選で2試合、2年後のコパ・アメリカは2試合戦いますが、いずれもノーゴールに終わりました。
代表記録

2017年1月21日:新規アップ