アントニオ・ルカヴィナ(Antonio RUKAVINA)
フルネーム アントニオ・ルカヴィナ
国籍 セルビア  
出身地 ベオグラード
生年月日 1984・1・26
身長 177cm
体重 71kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2007・6・2
フィンランド戦
代表背番号
W杯メンバー 10年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
02/03 ベザニア(3部) 27
03/04 ベザニア(2部) 2 30 11
04/05 ベザニア(2部) 2 33
05/06 ベザニア(2部) 2 36
06/07 ベザニア 2 16
06/07 パルチザン 3 15
07/08 パルチザン 3 17
07/08 ドルトムント(ドイツ) 14 14
08/09 ドルトムント(ドイツ) 14
08/09 1860ミュンヘン(ドイツ2部) 2 15
09/10 1860ミュンヘン(ドイツ2部) 2 32
10/11 1860ミュンヘン(ドイツ2部) 2 34
11/12 1860ミュンヘン(ドイツ2部) 2 31
12/13 バジャドリー(スペイン) 2 37
13/14 バジャドリー(スペイン) 2 34
14/15 ビジャレアル(スペイン) 22 21
15/16 ビジャレアル(スペイン) 22 18
16/17 ビジャレアル(スペイン) 22    
スピードを活かした積極的な突破やオーバーラップで右サイドの攻めに厚みを加えるSBです。その分背後のスペースを突かれやすいのがウィークポイントです。

ベザニアでは攻撃力を発揮し、4年半で142試合26得点の成績を残してパルチザンに引き抜かれます。腕章も託されますが、2年目の途中にドルトムントに引き抜かれます。
2008年2月2日デュイスブルク戦でブンデスリーガにデビューします。H・ロストック戦では決勝点を演出しますが、2年目はオヴォモイエラの加入で出場機会が減少しました。
その後1860ミュンヘンに期限付き移籍します。ここではアーヘン戦での決勝点やZ・パウリ戦の2アシストと結果を残して完全移籍となり、ベンダー兄弟やラウと共に主力を担いました。
12/13シーズンにバジャドリーへ移って8月20日サラゴサ戦でリーガデビューし、R・バジェカーノ戦で初得点を挙げます。レバンテ戦ではオウンゴールで敗因となり、ベティス戦ではレッドと中盤は苦労しますが、デュキッチ監督からの信頼は変わらず37試合に出場しました。
14/15シーズンにビジャレアルと2年契約を結び、マリオ・Gとポジションを争います。ヨーロッパリーグでは4試合に出場してベスト16になっています。

2007年のU−21欧州選手権で4試合に出場し、同年6月2日のフィンランド戦でフル代表デビューします。2008年欧州選手権予選はこの試合含め7試合に出場しました。
2010年W杯予選は2試合にとどまり、本戦では出番がありませんでした。2012年欧州選手権予選は2試合、2014年W杯予選も1試合に終わっています。
代表記録

2016年12月9日:新規アップ