フルネーム アルチョムス・ルドニェフス
国籍 ラトビア  
出身地 ダウガフピルス
生年月日 1988・1・13
身長 183cm
体重 81kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・11・12
エストニア戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 11/12ポーランドリーグ得点王
チームタイトル 08ラトビアカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
06 ディットン 16 20
07 ダウガヴァ 16 19
08 ダウガヴァ 16 23
08/09 ザラエゲルセグ(ハンガリー) 11
09/10 ザラエゲルセグ(ハンガリー) 11 25 16
10/11 ザラエゲルセグ(ハンガリー) 11
10/11 レフ・ポズナン(ポーランド) 16 27 11
11/12 レフ・ポズナン(ポーランド) 16 29 22
12/13 ハンブルガーSV(ドイツ) 10 34 12
13/14 ハンブルガーSV(ドイツ) 10
13/14 ハノーファー(ドイツ) 16 16
14/15 ハンブルガーSV(ドイツ) 16 22
15/16 ハンブルガーSVU(ドイツ4部)
15/16 ハンブルガーSV(ドイツ) 16 11
16/17 1.FCケルン(ドイツ) 9 18
17/18 1.FCケルン(ドイツ) 9    
相手のプレッシャーをモノともせず一瞬のスピードでマークを外してゴールをうかがう、エリア内の動きに特化したラトビア代表のストライカーです。

旧ソ連時代にダウガフピルスで生まれます。06シーズンにディットンでプロのキャリアをスタートさせ、翌シーズンにダウガヴァへ移って頭角を現し、カップ戦を制しました。
08/09シーズンにハンガリーへ移って終盤に4試合2ゴールと結果を残します。2年目はアウェーのニーレジハーザ戦のハットトリックを含む4試合連続ゴールを決めて躍進しました。
10/11シーズンが開幕した後にL・ポズナンに移籍、8月7日W・ウッチ戦のポーランド1部デビューを自らゴールで飾り、ホームのL・ワルシャワ戦など2ケタゴールを挙げました。
また、ヨーロッパリーグではユヴェントス戦のアウェー戦でハットトリック、ホーム戦でも先制ゴールと格上相手にセンセーショナルなプレーを見せました。2年目は開幕LKS戦を含む4度のハットトリックを達成して、国内リーグ得点王に輝きました。
12/13シーズンにハンブルガーと4年契約を結び、8月25日ニュルンベルク戦でラトビア人初のブンデスリーガデビューを果たします。シャルケやドルトムント戦などでチームに勝ち点をもたらし、ファン・デル・ファールトや、12ゴールのソン・フンミンと攻撃をけん引しました。
しかしその後は精彩を欠き、レンタル移籍したハノーファーでもハンガリー代表MFフスティやセネガル代表FWディウフの陰に隠れました。
14/15シーズンにハンブルガーに戻りますが、ラソッガやN・ミュラーの存在もあって状況は好転せず、リザーブチームで試合勘を保ちました。
16/17シーズンにケルンへフリーで移籍し、モデストや大迫の控えとなっています。

2008年11月12日のエストニア戦で代表デビューします。2012年欧州選手権予選は9試合で1ゴール、2014年W杯予選6試合の出場にとどまりました。
代表記録

※:アルチョムス・ルドニェフス(Artjoms RUDNEVS)
2017年3月9日:新規アップ 2017年6月17日更新