ロランド(ROLANDO)
フルネーム ロランド・ジョルジ・ピレス・ダ・フォンセカ
国籍 ポルトガル※  
出身地
生年月日 1985・8・31
身長 189cm
体重 77kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2009・2・11
フィンランド戦
代表背番号
W杯メンバー 10年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 08/09,10/11,11/12ポルトガルリーグ
08/09,10/11〜12/131ポルトガルカップ
10/11UEFAヨーロッパリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
04/05 べレネンセス 13 16
05/06 べレネンセス 13 25
06/07 べレネンセス 13 26
07/08 べレネンセス 13 30
08/09 ポルト 14 28
09/10 ポルト 14 28
10/11 ポルト 14 29
11/12 ポルト 14 26
12/13 ポルト 14
12/13 ナポリ(イタリア) 6
13/14 インテル(イタリア) 35 29
14/15 アンデルレヒト(ベルギー) 13
15/16 マルセイユ(フランス) 6 19
16/17 マルセイユ(フランス) 6 30
17/18 マルセイユ(フランス) 6 31
18/19 マルセイユ(フランス) 6    
長身で強靭なフィジカルで最終ラインに立ちはだかり、攻撃でも打点の高いヘディングによりセットプレーで存在価値を示すポルトガル代表のストッパーです。

カーボ・ヴェルデ生まれ。15歳でポルトガルに移住しカンポマイオレンセでプレーを始めます。その後ベレネンセスに移り、2004年8月28日マリティモ相手の1部デビュー戦でゴールします。主力に定着した2年目こそ2ケタ順位でしたが、3年連続で1部残留に成功しました。また、4年目は国内カップの決勝に進みますが、スポルティングに0−1で敗れました。
その後ポルトと4年契約し、ブラジル代表GKエウトン、B・アウヴェスと堅陣を築きます。2年目はパソス・フェレイラ戦から4試合連続でゴールとオウンゴールを交互に記録、チームは3勝1分となりました。その後のマリティモ戦は自らのオウンゴールで敗れました。
チャンピオンズ・リーグでは1年目にD・キエフ、2年目にA・マドリーからゴールを奪って勝利に貢献するなど攻撃でも持ち味を見せました。
B・アウヴェスが去った3年目は、ルーマニア代表サプナルやアルゼンチン代表オタメンディとのコンビでチームの最終ラインを支えて無敗でのリーグ制覇、国内カップに加え、13試合に出場したヨーロッパリーグではセビージャ戦など2ゴールを挙げてトレブルを達成。公式戦の出場時間は国内最長の4590分と、誰よりもこの偉業に大きく貢献しました。
12/13シーズンからレンタルでプレー。ナポリでは3月10日キエーヴォ戦でセリエAデビューしますが、ガンベリーニやカンパニャーロの控えにとどまりました。インテルでは序盤こそベンチでしたが、やがて主軸となり自己最多の4ゴールを挙げました。アンデルレヒトではわずか6試合、コルトレイク戦では開始早々に一発レッドになるなど不完全燃焼に終わりました。
15/16シーズンにマルセイユへ完全移籍し、9月27日アンジェ戦でリーグアンにデビューします。1年目こそ苦しんだものの、2年目はカーン戦の決勝ゴールなど自己最多タイの4ゴール、3年目はヨーロッパリーグで9試合に出場してザルツブルク戦でアウェーゴールを挙げて準優勝になるなど、酒井宏らと共に名門復活に欠かせない存在となっています。

2006年にポルトガル国籍を取得すると、U−21欧州選手権は同年に2試合、翌年に1試合出場しました。2009年2月11日フィンランド戦で代表デビューし、翌年のW杯予選は2試合に出場しますが、本大会は出場機会がありませんでした。
2012年欧州選手権予選も2試合にとどまるものの本戦メンバーに登録され、ベンチスタートから3試合に出場、チームはベスト4になりました。
代表記録

※1:カーボ・ヴェルデ国籍もあり
※2:サン・ヴィセンテ(カーボ・ヴェルデ)
2018年12月16日:新規アップ