ファビオ・ロッケンバック(Fabio ROCHEMBACK)
フルネーム ファビオ・ロッケンバック
国籍 ブラジル
出身地 ソレダーデ
生年月日 1981・12・10
身長 183cm
体重 83kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2001・5・31
カメルーン戦
代表背番号 18
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 03ポルトガルリーグ年間最優秀選手
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
00 インテルナシオナウ 40
01 インテルナシオナウ 16
01/02 バルセロナ(スペイン) 15 24
02/03 バルセロナ(スペイン) 15 21
03/04 スポルティング(ポルトガル) 26 21
04/05 スポルティング(ポルトガル) 26 23
05/06 ミドルスブラ(イングランド) 10 22
06/07 ミドルスブラ(イングランド) 10 20
07/08 ミドルスブラ(イングランド) 10 26
08/09 スポルティング(ポルトガル) 26 19
09/10 スポルティング(ポルトガル) 26
09 グレミオ 13
10 グレミオ 25
11 グレミオ 5 31
12 大連阿爾濱(中国) 8 27
13 大連阿爾濱(中国) 8 24
14 イピランガ(6部)    
15     
16     
ハードマークと高度なテクニック、それを支える豊富なスタミナで中盤を制圧するセンターハーフ。攻守にそつがなくチームの中軸になる資質を持っています。

12歳の時にインテルナシオナルの下部組織へ入団。1997年のUー17世界大会で優勝し、2000年のブラジル選手権では、7月にトップデビューを果たします。
バルセロナから興味を示され、2001年8月26日開幕セビージャ戦でのリーガデビューを先発で果たします。しかしシャビやコクーがおり、チーム自体も不調で出場機会が限られました。
2003年にスポルティングへ移籍しました。ここでもタイトルこそ獲れませんでしたが、1年目は国内リーグで8ゴールを決めます。2年目はUEFA杯で13試合戦い、ニューカッスルやフェイエノールトからゴールを挙げて決勝進出の原動力となりました。
05/06シーズンよりミドルスブラへ。9月10日アーセナル戦でプレミアリーグにデビューしますが、大きな活躍には至らず背番号10に見合った結果を残せませんでした。唯一の見せ場となったのは3年目の最終節マンチェスター・C戦であり、1得点2アシストで8−1の勝利に貢献しました。なお、UEFA杯では1年目に6試合戦って準優勝になっています。
08/09シーズンにスポルティングへ復帰。チャンピオンズ・リーグこそ6試合に出場しましたが、国内では19試合とレギュラーになりきれず、8年間過ごしたヨーロッパを離れました。
グレミオで若いチームに豊富な経験をもたらし、3年目はG・シウヴァと共に熟練のプレーを披露。中国リーグでもカデル・ケイタやフランス代表オアロと共にチーム力を高めました。
14シーズンに母国へ戻りますが、1年で退団してフリーとなっています。

2001年5月31日、コンフェデ杯カメルーン戦で代表デビューを果たします。5試合戦いますが、4位と結果は伴いませんでした。
代表記録

2006年5月11日:新規アップ 2016年7月10日更新