ロビーニョ(ROBINHO)
フルネーム ロブソン・デ・ソウザ
国籍 ブラジル
出身地 サン・ヴィセンテ
生年月日 1984・1・25
身長 172cm
体重 60kg
利き足
ポジション FW(ST)
FK PK FK PK
キャプテン経験 代表
代表デビュー 2003・7・13
メキシコ戦
代表背番号 7 11 20 23
W杯メンバー 06年 10年
ニックネーム ドリブルキング
個人タイトル 02,04ボーラ・ジ・プラタ(プラカール誌)
04ボーラ・ジ・オーロ(プラカール誌)
07CONMEBOLコパ・アメリカ最優秀選手
07CONMEBOLコパ・アメリカ得点王(6得点)
チームタイトル 02,04ブラジル全国選手権
05,09FIFAコンフェデレーションズ・カップ
06/07,07/08リーガ・エスパニョーラ
07CONMEBOLコパ・アメリカ
10ブラジルカップ
10/11セリエA
15中国リーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
02 サントス 7 24
03 サントス 7 32
04 サントス 7 37 21
05 サントス 7 11
05/06 レアル・マドリー(スペイン) 10 37
06/07 レアル・マドリー(スペイン) 10 32
07/08 レアル・マドリー(スペイン) 10 32 11
08/09 マンチェスター・シティ(イングランド) 10 31 14
09/10 マンチェスター・シティ(イングランド) 10 10
10 サントス 7
10/11 ミラン(イタリア) 70 34 14
11/12 ミラン(イタリア) 70 28
12/13 ミラン(イタリア) 7 23
13/14 ミラン(イタリア) 7 23
14 サントス 7 16
15 サントス 7
15 広州恒大(中国) 60
16 アトレティコ・ミネイロ 7 30 12
17 アトレティコ・ミネイロ 7    
「ドリブルキング」の異名を持ち、スピード感あふれる鋭い切り返しや、ポルトガル語で「ペダラーダ」という高速のまたぎフェイントで、ボックス付近でPKを警戒する相手の脅威となります。
ペレの後継者とされ、ドリブルスキルはガリンシャと比較されるほどです。

地元のストリートにて裸足でボールを追いかけていましたが、父親がスパイクを購入したことがきっかけで6歳の頃にベイラ・マールに加入(後にR・マドリーでチームメートとなるDFマルセロも在籍していました)。8歳でポルトゥアリオスへ渡り、生活面の支援も受けました。
10歳でサントスに加入し、フットサルチームを経てU−13チームに入りサッカーに転向します。2001年にはU−20サンパウロ州選手権で得点王になるなど各年代のカテゴリーで結果を残し、翌年4月7日リオ・サンパウロ州大会サンパウロ戦にてトップデビューします。
レオン監督の下でヂエゴと共にチャンスメーカーとして存在感を示し、優勝を争うコリンチャンスとのプレーオフ2ndレグで先制ゴールを決め、クラブを1968年以来のブラジル全国選手権制覇に導きました。2003年リベルタドーレスでは決勝でテベス擁するボカに敗れました。
翌年11月には母親が誘拐されますが(41日間監禁され、12月18日に解放されました)、心の傷が癒えた2月のコリンチャンス戦で2ゴールを挙げるなど、ルシェンブルゴ監督の下全国選手権で21ゴールを挙げて2度目の優勝を果たします。国内で最も権威のあるプラカール誌による年間最優秀選手に選出され、エル・パイース紙による南米年間最優秀選手投票でも3位になります。その後のリベルタドーレスでも9試合6ゴール4アシストと結果を残しました。
2005年8月にR・マドリーと5年契約を結び、8月28日カディス戦にてリーガデビューします。再びルシェンブルゴ監督に師事し、初めて臨むチャンピオンズ・リーグも8試合に出場しました。06/07シーズンには10年ぶりに復帰したカペッロ監督の下でリーグ優勝を果たすと、チャンピオンズ・リーグでもアウェーのS・ブカレスト戦で欧州カップ初ゴールを記録しました。
翌シーズンはラウールやファン・ニステルローイと共に2ケタゴールを挙げてリーグ連覇に貢献したものの、五輪出場の是非をめぐりクラブとの関係がこじれ、期限寸前にマンチェスター・Cへ電撃移籍。そしてデビュー戦となったチェルシー戦でFKを、本拠ストーク戦でハットトリックを決めるなど、リーグ4位タイの14ゴールに5アシストと適応力を見せました。2年目はケガで3ヶ月戦列を離れて古巣サントスにレンタルされ、州選手権で5ゴール、カップ戦で6ゴールを挙げました。
そして移籍期限最終日にミランへ電撃入団し、2010年9月11日チェゼーナ戦でセリエAにデビュー。イブラヒモヴィッチ、ロナウヂーニョ、パト、途中加入のカッサーノとの攻撃陣を形成し、14ゴールを挙げてクラブ7年ぶりのスクデット獲得に貢献しました。しかしその後はチャンピオンズ・リーグでアーセナルやバルサ戦でのゴール以外は目立った活躍ができませんでした。
14シーズンに再びサントスに復帰します。州選手権とリーグ戦で9ゴール決め、翌年も州選手権で5ゴール4アシスト、リーグ戦で2ゴール、カップ戦で5ゴールを挙げました。
15シーズンにスコラーリ監督率いる広州恒大へ移籍しますが、1年で退団しました。その後A・ミネイロに移籍し、州選手権で2度のハットトリックを決めました。2年目は全国選手権で2度の1試合2ゴールなど久々の2ケタゴール、カップ戦でも4ゴールを挙げています。

2003年7月13日、ゴールド杯メキシコ戦で代表デビュー。2005年コンフェデ杯では5試合出場、日本戦とギリシャ戦でのゴールに加え3アシストを記録して優勝に貢献しました。
2006年W杯予選では8試合で2ゴールと結果を出して本大会メンバーとなり、ロナウドとアドリアーノのバックアッパーとして4試合、その中で日本戦にはフル出場します。前評判の高かったチームでしたが、ベスト8に終わりました。
ドゥンガ監督就任後に臨んだ2007年コパ・アメリカでは、グループリーグのチリ戦でハットトリックを決めるなど6ゴールで得点王となり優勝に貢献すると、2009年コンフェデ杯でも5試合に出場して1ゴールを挙げて連覇を達成しました。
2010年W杯予選ではFW陣最多の15試合に出場してゴールを記録。本大会では4試合戦い決勝トーナメントでゴールを連発しますが、オランダの前に再びベスト8に終わりました。
2011年コパ・アメリカでは3試合でノーゴールと不発に終わりました。ドゥンガ監督により4年後の同大会にも召集され、パラグアイ戦で先制点を決めています。
代表記録

2008年9月12日:新規アップ 2017年7月13日更新