ホセ・マヌエル・レイナ(Jose Manuel REINA)
フルネーム ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
国籍 スペイン
出身地 マドリード
生年月日 1982・8・31
身長 187cm
体重 79kg
利き足
ポジション GK
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2005・8・17
ウルグアイ戦
代表背番号 23
W杯メンバー 06年 10年
14年
ニックネーム ペペ
個人タイトル 05/06〜07/08プレミアリーグ最優秀GK
チームタイトル 99UEFAU−16欧州選手権
05/06FAカップ
08,12UEFA欧州選手権
10FIFAワールドカップ
11/12イングランドリーグ・カップ
13/14コッパ・イタリア
14/15ブンデスリーガ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
99/00 バルセロナB(3部) 30
00/01 バルセロナB(3部) 11
00/01 バルセロナ 35 19
01/02 バルセロナ 13 11
02/03 ビジャレアル 25 33
03/04 ビジャレアル 25 38
04/05 ビジャレアル 25 37
05/06 リヴァプール(イングランド) 25 33
06/07 リヴァプール(イングランド) 25 35
07/08 リヴァプール(イングランド) 25 35
08/09 リヴァプール(イングランド) 25 38
09/10 リヴァプール(イングランド) 25 38
10/11 リヴァプール(イングランド) 25 38
11/12 リヴァプール(イングランド) 25 34
12/13 リヴァプール(イングランド) 25 31
13/14 ナポリ(イタリア) 25 30
14/15 バイエルン(ドイツ) 23
15/16 ナポリ(イタリア) 25 37
16/17 ナポリ(イタリア) 25    
驚異的な反射神経に的確な判断で守備範囲が広く、PK戦にも強さを見せ、正確なパントキックなど足元の技術も持つ総合力の高いGK。ムードメーカーとしても貴重な存在です。

1960年代にA・マドリーやバルセロナで活躍したGKミゲル・レイナの息子としてマドリードに生を受けます。8歳の頃に「ドリームチーム」の守護神であるスビサレッタのグローブをもらう幸運な出来事もあったため、自身もバルセロナのカンテラで育ちます。
00/01シーズンにトップチームへ昇格し、2000年12月2日セルタ戦でリーガデビューします。そしてGKで最多の19試合に出場、UEFA杯でも後に移籍するリヴァプールとの準決勝でプレーしますが、翌シーズンにアルゼンチン代表ボナーノが加入したため再びサブとなります。
出場機会を求め02/03シーズンにビジャレアルへレンタル移籍すると才能が開花します。翌シーズンはリーグ8位、UEFA杯ではホームゲームの6試合を完封して準決勝進出に貢献。さらに04/05シーズンはクラブ史上最高位の3位になってチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得。UEFA杯でもベスト8に進出するなどチーム躍進の原動力となりました。
03/04シーズンのUEFA杯ではバレンシアに敗れますが、相手の指揮官であるベニテス監督がリヴァプールに就任した際、自身の獲得を熱望したためイングランドに渡ります。2005年8月13日ミドルスブラ戦でプレミアデビューすると、8試合連続無失点の新記録を樹立するなど、最終的に20試合無失点を達成しました。また、ウェストハム相手のFA杯決勝でもPK戦で相手のキックを3本も止めて自身初タイトルを手にして最優秀GKに選ばれました。チャンピオンズ・リーグでは決勝トーナメント初戦にてベンフィカに敗れています。
翌シーズン、チャンピオンズ・リーグ準決勝チェルシー戦では1stレグでマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、2ndレグではPK戦でロッベンとジェレミのキックを止めて決勝に進みます。ミランに敗れはしましたが12試合を完封しました。国内リーグでも19の無失点試合(50試合出場時点で28試合の無失点試合を記録し、レイ・クレメンスのクラブ最速記録を更新)を達成するなど安定感が増し、2年連続でプレミア最優秀GKに選ばれました。08/09シーズンの3月にはクラブ史上最速で100個目の完封を見せ、入団以降初めてリーグ戦全試合に出場しました。
2011年11月29日チェルシーとのリーグ杯準々決勝は2−0で勝利し、クレメンスとグロベラーの150試合完封記録を更新し、同タイトルを始めて手にしました。
13/14シーズン、ベルギー代表ミニョレの入団によりナポリへレンタル移籍し、開幕戦のセリエAデビューを完封で飾ります。旧知のベニテス監督にアルビオル、F・フェルナンデスと周囲とのコミュニケーションも問題なく、過密日程にもかかわらずリーグ3位でチャンピオンズ・リーグ出場圏内に入ります。チャンピオンズ・リーグはアーセナル、ドルトムント、マルセイユと激戦区を5試合戦うもグループリーグで敗退しました。ヨーロッパリーグはポルトに敗れました。
バイエルンではノイアーの控えを務め、1年でナポリに戻っています。

1999年のU−19世界選手権で2試合出場して3位になり、2005年8月17日ウルグアイ戦でフル代表デビューを果たします。正守護神カシージャスや経験豊富なカニサレスの前に出場機会はなかったものの、2006年W杯のメンバーに入りました。
2008年欧州選手権予選は2試合出場し、引退したカニサレスに代わり第2GKとしての地位を確立。本大会ではギリシャ戦に出場して44年ぶりの優勝を達成します。翌年のコンフェデ杯でも1試合に出場し、ホスト国の南アフリカ相手にシャットアウト勝ちを収めました。
2010年W杯予選では1試合出場、本大会ではカシージャスの前に出番はありませんでしたが、裏方として母国初の世界制覇に貢献。2年後の欧州選手権予選、本戦でも同様の役割で主要大会3連覇を達成しました。2013年コンフェデ杯ではタヒチ戦でプレー、味方の10得点にも集中を切らさず完封しました。2014年W杯予選、本大会もカシージャスの控えを務めますが、この正守護神の不振もあり連敗してグループリーグ敗退が決まります。チームのモチベーション低下は否めなかったものの、3戦目を完封して高いプロ意識を見せています。
代表記録

余談
・イタリアのマルディーニ、スペインのサンチスに続き、チャンピオンズ・リーグ決勝に出場した3組目の親子となりました(父親はA・マドリー在籍時の73/74シーズンに出場)。
2008年4月12日:新規アップ 2016年7月9日更新