ロビン・クアイソン(Robin QUAISON)
フルネーム ロビン・クワミナ・クアイソン
国籍 スウェーデン  
出身地 ストックホルム
生年月日 1993・10・9
身長 183cm
体重 76kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2013・1・23
北朝鮮戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 15UEFAU−21欧州選手権
所属クラブおよび背番号 出場 得点
11 AFCユナイテッド(3部) 16
12 AIK 15 18
13 AIK 15 23
14 AIK 15 10
14/15 パレルモ(イタリア) 21 19
15/16 パレルモ(イタリア) 21 30
16/17 パレルモ(イタリア) 21 17
16/17 マインツ(ドイツ) 7    
バルセロナやスペイン代表で一時代を築いたシャビをほうふつとさせるパスワークとボールキープに加え、縦へのドリブルで自らも機動的に動くスウェーデン代表MFです。

ガーナ人の父親とスウェーデン人の母親の下、ストックホルムに生まれます。ユース時代を過ごしたAIKからAFCにレンタルされ、2011年6月11日フォワード戦で3部デビューします。そしてウメオ戦でキャリア初のハットトリックを達成するなど8ゴールをマークしてAIKに戻ります。
2012年4月1日ミャルビー戦で1部リーグにデビューし、2ゴールを挙げるなどまずまずの働きを見せます。ヨーロッパリーグでも5試合戦いますが、ナポリなどに敗れました。
2年目はハルムスタッド戦でレッドを受けますが、ヘルシンボリ戦など4ゴールをマークしました。3年目にマルメ戦でゴールを挙げた後パレルモと3年契約を結びます。
2014年9月21日インテル戦でセリエAにデビュー。フィオレンティーナ戦では2ゴールを挙げますが、3−4で競り負けました。それでもバスケス、ブルガリア代表チョチェフ、クロアチア代表ヤヤロなどとのチームで主軸になります。2年目は同胞ヒリエマルクの加入もあって動きの質を高め、ウディネーゼ戦で先制ゴールを挙げて勝利するなどA残留に成功しました。
3年目の途中まで4ゴールを挙げ、マインツへ移籍しています。

U−21欧州選手権予選は2013年に1試合、2015年に4試合出場。後者で本大会出場権を獲得して4試合に出場し、デンマーク戦でゴールを挙げるなど優勝に貢献しました。この成果によって出場したリオ五輪では3試合に出場し、コロンビア戦で同点弾を演出しました。
フル代表デビューは、2013年1月23日北朝鮮戦です。
代表記録

2016年8月11日:新規アップ 2017年2月1日更新