アラサンヌ・プレア(Alassane PLEA)
フルネーム アラサンヌ・プレア
国籍 フランス※  
出身地 リール
生年月日 1993・3・10
身長 180cm
体重 72kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2018・11・20
ウルグアイ戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10/11 リヨンB(4部) 12
11/12 リヨンB(4部) 19
12/13 リヨンB(4部) 27 10
12/13 リヨン 52
13/14 リヨン 27
13/14 オセール(2部) 14 15
14/15 リヨンB(4部)
14/15 ニース 14 33
15/16 ニース 14 19
16/17 ニース 14 25 11
17/18 ニース 14 35 16
18/19 ボルシアMG(ドイツ) 14    
スピード、テクニック、得点力を兼備し、前のポジション全般で機能するアタッカー。あこがれの選手は元代表FWティエリ・アンリです。

1993年3月10日にリールの北部で生まれたアラサンヌ・プレアは、地元のクラブに注目されませんでしたが、リヨンにスカウトされて下部組織に加わります。
10/11シーズンにリザーブでプレーを始めます。ラカゼットやアルジェリア代表ベルフォディルが去った2年目はチーム最多の7ゴールを挙げるなど、フェキル、トリソ、マルシアルと共に活躍してトップチームに引き上げられ、2012年10月7日ロリアン戦でリーグアンにデビューします。しかしラカゼットやB・ゴミスの前に出場機会は限られました。
レンタルされたオセールでは3ゴールすべてが勝利につながりますが16位と低迷、リヨンでは依然としてチャンスが無く故郷リールに新天地を求めます。
当初はベンチスタートでしたが、ギャンガン戦で1ゴール2アシストすると、アウェーのカーン、ボルドー相手の決勝弾、マルセイユ戦の決勝アシスト、ホームのカーン戦での同点アシストなど、3ゴール6アシストを挙げました。2年目は開幕3戦で2ゴール2アシストと最高のスタートを切ったものの、ヒザを傷めて半年近く戦列を離れますが、復帰後はモンペリエ戦からの2連発やギャンガンとの最終節での2発など6ゴール4アシストと盛り返しました。
3年目はヨーロッパリーグのザルツブルク戦と2度の国内リーグ戦と3度の決勝ゴール、メッツ戦のハットトリック、PSGをリードするゴールと勝負強さを見せ、4年目もアウェーのギャンガン千での4ゴールなど16ゴール5アシスト、ヨーロッパリーグでも4ゴールでグループリーグを突破するなど、バロテッリとの強力な前線を築きました。
18/19シーズンにクラブ最高額でボルシアMGへ。ハシュテットとのカップ戦で4ゴールを挙げ、8月25日レヴァークーゼン戦でブンデスにデビューします。続くアウクスブルク戦で同点ゴール、シャルケ戦で決勝アシスト、H・ベルリン戦から勝利に貢献するバイエルン戦まで4連発、ブレーメン戦のハットトリック、レヴァークーゼン戦の決勝ゴールなど、1年目にしてT・アザールと共に優勝争いに欠かせない存在となっています。

ユース代表では2012年U-19欧州選手権は4試合に出ますが、ゴールはありませんでした。6年後の11月20日ウルグアイ戦でフル代表にデビューしています。
代表記録

※:マリ国籍もあり
2019年2月7日:新規アップ