ウラディミール・ペトコヴィッチ(Vladimir PETKOVIC)
フルネーム ウラディミール・ペトコヴィッチ
国籍 スイス  
出身地
生年月日 1963・8・15
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
経歴 1997〜98 2005〜08 ベリンツォーナ(スイス)
1999〜04 マルカントーネ(スイス)
2004〜05 ルガーノ(スイス)
2008〜11 ヤングボーイズ(スイス)
2011〜12 サムスンスポル(トルコ)
2012〜12 シオン(スイス)
2012〜14 ラツィオ(イタリア)
2014〜   スイス代表
獲得タイトル 12/13コッパ・イタリア
現役時代はMF。84/85シーズンにサラエボでリーグ優勝を経験しますが、自身は2試合にとどまりました。その後はスイスでプレーし、シオン以外は下部リーグを渡り歩きました。

4−3−3ワンボランチ、4−1−4−1など複数のシステムを使い、相手の強弱にかかわらず常に攻撃的な姿勢でゲームに臨みます。
ボスニア・Hの首都サラエボ出身で、37歳の時にスイスに帰化しました。8ヶ国語を話し「ドクター」の異名をとるインテリですが、熱くなる一面もあります。

1997年からベリンツォーナで選手兼任監督を務めます。その後マルカントーネに就任し、ルガーノと合併した04/05シーズンまで率いました。2期目のベリンツォーナでは3年目に国内カップで決勝に進出しますが、バーゼルに1−4で敗れました。リーグは同胞のMFルリッチを中心に2部を2位で終え、ザンクト・ガレンとのプレーオフを制して1部昇格を果たしました。
その後ヤングボーイズに就任。ドゥンビアが得点王になったものの優勝に届きませんでした。3年目はヨーロッパリーグでグループリーグを突破しますが、ゼニトに敗れました。
サムスンスポルでは低迷し、悪い流れを変えるべくシーズン途中でギリシャ代表FWゲカスを獲得、11試合8得点と結果を残しますが16位で降格して退任しました。その後古巣シオンに戻ってミランからガットゥーゾを獲得しますが、ラツィオのオファーもあり3週間で退任しました。
初のカルチョでも一時は首位ユヴェントスに3ポイント差まで迫ったものの、クローゼの離脱により順位が下降しました。それでも国内カップでは準決勝でユヴェントス、ローマ・ダービーとなった決勝ではルリッチが得点を挙げて優勝し、ヨーロッパリーグ出場権を獲得しました。
2年目はビリアやF・アンデルソンを獲って戦力を上げますが、ヨーロッパリーグとの過密日程に苦しみ結果が出ず、自身もスイス代表と契約をしたため途中で解任されました。
2014年W杯終了後、ヒッツフェルト監督の後任として2年後の欧州選手権に臨みます。イングランドに連敗したものの、2位で本大会出場権を獲得します。本大会では数的優位もあってアルバニアに勝利し、ルーマニアとホスト国フランス相手に引き分けて2位でグループリーグを突破します。決勝トーナメントのポーランド戦では、シャキリがスーパーボレーで同点に持ち込んでPK戦に臨みますが、2人目のキッカーであるG・ジャカがミスして敗退しました。

※:サラエボ(ボスニア・H)
2017年8月16日:新規アップ

12/13ラツィオ(国内カップ優勝)
  クローゼ  
ルリッチ カンドレーヴァ
エルナネス A・ゴンサレス
  C・レデスマ  
ラドゥ コンコ
A・ジアス ビアーヴァ
  マルケッティ  

16スイス代表(欧州選手権ベスト16)
  セフェロヴィッチ  
  ジェマイリ  
メーメディ シャキリ
G・ジャカ ベーラミ
ロドリゲス リヒトシュタイナー
ジュルー シェア
  ゾマー