ロベルト・ペレイラ(Roberto PEREYRA)
フルネーム ロベルト・マキシミリアーノ・ペレイラ
国籍 アルゼンチン  
出身地
生年月日 1991・1・7
身長 182cm
体重 79kg
利き足
ポジション MF(LMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2014・10・11
ブラジル戦
代表背番号 8 20
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 14/15,15/16セリエA
14/15,15/16コッパ・イタリア
所属クラブおよび背番号 出場 得点
08/09 リーベル・プレート 
09/10 リーベル・プレート 37 15
10/11 リーベル・プレート 37 27
11/12 ウディネーゼ(イタリア) 37 11
12/13 ウディネーゼ(イタリア) 37 37
13/14 ウディネーゼ(イタリア) 37 36
14/15 ユヴェントス(イタリア) 37 35
15/16 ユヴェントス(イタリア) 37 13
16/17 ワトフォード(イングランド)    
本来は左サイドからカットインするサイドアタッカーですが、インサイドハーフやトップ下などあらゆる攻撃的なポジションに対応する使い勝手の良さに、技術とスタミナが備わっています。

サン・ミゲル・デ・トゥクマンに生まれたR・ペレイラは、リーベルのアカデミーに入って実力を伸ばします。2009年5月16日ウラカン戦でトップデビューすると、オルテガ、ガジャルドといったベテランや同年代のラメラと共にチームの根幹を担う存在となりました。
11/12シーズンにウディネーゼと5年契約を結びます。当初はベンチを温め、セリエAデビューは1月28日ユヴェントス戦となりましたが、パレルモ戦で同点アシストし、ラツィオ戦で追加点を挙げて勝利に貢献。2年目もトリノやカリアリ相手に決勝点を挙げ、3年目は6アシストをマークするなど、ディ・ナターレらと共に不動の先発メンバーに定着しました。
14/15シーズンにユヴェントスへレンタルされます。層の厚さもあり前半はベンチスタートも多かったものの、終盤は先発に定着してマルキージオと並ぶチーム最多の35試合に出場し、ナポリとヴェローナに2試合連続ゴールを決めてチームのスクデット4連覇に貢献しました。チャンピオンズ・リーグではベンチスタートが大半ながら12試合に出場して準優勝になりました。
16/17シーズンにワトフォードへ完全移籍しています。

2011年のU−20W杯ではラメラと共に攻撃陣の軸として4試合に出ましたが、準々決勝でPK戦の末ポルトガルに敗れました。
2014年10月11日ブラジル戦でフル代表にデビューし、翌年のコパ・アメリカではベンチスタートで2試合戦っています。
代表記録

※:サン・ミゲル・デ・トゥクマン
2015年6月21日:新規アップ 2016年8月21日更新