レアンドロ・パレデス(Leandro PAREDES)
フルネーム レアンドロ・ダニエル・パレデス
国籍 アルゼンチン  
出身地 サン・フスト
生年月日 1994・6・29
身長 180cm
体重 75kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー  
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10/11 ボカ・ジュニアーズ 20
11/12 ボカ・ジュニアーズ 20
12/13 ボカ・ジュニアーズ 20 10
13/14 ボカ・ジュニアーズ 20
13/14 キエーヴォ(イタリア) 19
14/15 ローマ(イタリア) 32 10
15/16 エンポリ(イタリア) 39 33
16/17 ローマ(イタリア) 5 27
17/18 ゼニト(ロシア)    
柔らかいボールタッチと、グラウンドを俯瞰する広い視野で攻撃のタクトを振るう、名門ボカ育成組織出身のプレーメーカーです。

3歳からクラブに入り、8歳でボカに移ります。10/11シーズンの11月6日アルヘンティノス戦で1部リーグにデビューします。12/13シーズンはウニオン戦で2アシスト、サン・ロレンソとラシン戦で2得点を挙げ、「リケルメの後継者」と期待するサポーターに応えました。
13/14シーズン、ティグレ戦の同点弾による逆転勝利を置き土産にローマへ移籍、外国人枠の関係でキエーヴォへレンタルされ5月4日トリノ戦でセリエAにデビューしました。
14/15シーズンはカリアリ戦の決勝点以外は見せ場がなく、翌シーズンにエンポリへレンタルされます。イエローを11枚受けますが、ラツィオ戦での決勝アシストやナポリ戦の一矢など、ジエリンスキやマッカローネらと共にチームの順位を5つ挙げました。
16/17シーズンはミランからもオファーがありましたが、固辞してローマに戻ります。チャンピオンズ・リーグはポルトの前に本戦を逃しますが、ヨーロッパリーグでは8試合に出場して決勝トーナメントに進出しました。国内では3得点1アシストでチームを勝利に導きました。
17/18シーズンにゼニトへ移籍しています。

2011年のU-17南米選手権では6試合戦い、ペルー戦など2得点を挙げました。2017年6月13日シンガポール戦でフル代表にデビューしました。
代表記録

2017年5月25日:新規アップ 2017年7月3日更新