根本 裕一(Yuichi NEMOTO)
フルネーム 根本 裕一(ネモト ユウイチ)
国籍 日本  
出身地 茨城県鹿嶋市
生年月日 1981・7・23
身長 174cm
体重 66kg
利き足
ポジション DF(LSB)
FK PK FK
キャプテン経験  
代表デビュー  
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム ネモ
個人タイトル 03,06Jリーグフェアプレー個人賞
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
00 鹿島アントラーズ 23
01 鹿島アントラーズ 23
02 セレッソ大阪(2部) 26 34
03 ベガルタ仙台 17 28
04 大分トリニータ 17 18
05 大分トリニータ 17 23
06 大分トリニータ 17 34
07 大分トリニータ 17 20
08 大分トリニータ 17
08 ジェフ千葉 43
09 ツエーゲン金沢(4部) 18 14
10 ツエーゲン金沢(JFL) 18 27
11 ツエーゲン金沢(JFL) 18
12 ツエーゲン金沢(JFL) 18 23
13 ツエーゲン金沢(JFL) 18    
スピードのあるドリブルと絶え間ない献身的なフリーランニング、タイミングのいいオーバーラップと左サイドで主導権を握り、正確なクロスでチャンスを演出するサイドアタッカー。プレースキッカーとしても優秀な選手です。守備も堅実でSBとしてもプレーできます。

小学2年よりサッカーを始め、5年で鹿島町の選抜チームに選ばれます。そして中学になると鹿島のジュニアユースに入団。左MFとしてプレーしていましたが、その後SBに転向しました。
高校生になり無事にユース昇格を決めます。1年からレギュラーに定着すると、97年のクラブユース準優勝し、翌年のジュニアユース杯を制しました。
高校を卒業して00シーズンより鹿島のトップチームに昇格。しかし選手層が厚く、デビューは翌シーズンの3月17日東京V戦でした。その年は5試合の出場に終わりました。
02シーズンにC大阪の西村昭宏監督に誘われ、出場機会を求めてレンタル移籍。3月3日開幕戦、山形との試合でFKを決めてJ初ゴールをマークし、その後もレギュラーに定着しました。
03シーズンは仙台へレンタル移籍します。左SBとしてプレーし、攻撃的な岩本をフォローしたり、時には攻めあがったりと献身的なプレーを見せましたが無念のJ2降格となりました。
そして大分へ移籍。ベルガー、皇甫官、シャムスカと次々に指揮官が交代する不安定な状況でしたが、その確かな技術はどの監督からも重用され左サイドを不動のものとし、06シーズンは全試合に先発出場。警告を1度も受けず、2度目のフェアプレー個人賞を受賞しました。
07シーズンは鈴木慎が途中から加入してきたこともあり出場機会が減り、翌シーズン途中に千葉へ移籍。しかしここでもポジション確保に至らず金沢へ移籍します。
1年目にJFL昇格を果たすと、2年目は27試合に出場と復調を遂げます。低迷して再起した4年目を最後に引退し、指導者の道に進んでいます。

2000年のU−19以来全ての年代別代表に呼ばれ、2002年に釜山で開催されたアジア大会では全6試合に出場して準優勝に貢献しました。その後も五輪予選で最終予選を突破して本大会出場権を得たものの、登録メンバーから落選しています。
代表記録
2007年7月26日:新規アップ 2014年1月21日更新