トマシュ・ネツィド(Tomas NECID)
フルネーム トマシュ・ネツィド
国籍 チェコ
出身地 プラハ
生年月日 1989・8・13
身長 190cm
体重 81kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・11・19
サンマリノ戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 08チェコ年間最優秀若手選手
チームタイトル 07/08チェコリーグ
09,11,12/13ロシアカップ
12/13ロシアリーグ
16/17ポーランドリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
06/07 スラヴィア・プラハ 24 13
07/08 スラヴィア・プラハ 24
07/08 FKヤブロネツ  13
08/09 スラヴィア・プラハ 24 16 11
09 CSKAモスクワ(ロシア) 89 27
10 CSKAモスクワ(ロシア) 89 24
11/12 CSKAモスクワ(ロシア) 89 23
12/13 CSKAモスクワ(ロシア) 89
13/14 PAOK(ギリシャ) 61 12
13/14 スラヴィア・プラハ 24 13
14/15 ズウォーレ(オランダ) 15 24 11
15/16 ブルサスポル(トルコ) 15 28 11
16/17 ブルサスポル(トルコ) 15
16/17 レギア・ワルシャワ(ポーランド) 24
17/18 スラヴィア・プラハ    
ゴールを量産するタイプではありませんが、圧倒的な上背をもって前線でターゲットとなり、2列目の攻撃を促す典型的なポストプレーヤー。ヤン・コレルの後継者といえます。

2006年9月に弱冠17歳でトップデビューを果たします。1ヶ月後に初ゴールを挙げ、UEFA杯でもトッテナムとのアウェー戦でプレーしました。2年目はホームのアヤックス戦でチャンピオンズ・リーグにデビューしますが、国内では出番に恵まれず半年間レンタル移籍します。
ここで結果を残してチームを降格から救いスラヴィアに復帰。国内ではリーグ最多の11ゴールと才能を開花させ、リーグ制覇の一助となります。一方欧州ではフィオレンティーナとの2戦で敗れチャンピオンズ・リーグ出場権を逃し、UEFA杯でも5試合でノーゴールと沈黙しました。
2009年1月にC・モスクワに移籍し、国内スーパー杯R・カザン戦でゴールを決めます。3月15日サトゥルン戦でリーグデビューし、5月10日D・モスクワ戦で初ゴールを挙げるなど、ジャゴエフ、クラシッチ、M・ゴンサレス、途中で加入した本田圭と良好な関係を築いて攻撃をリードします。チャンピオンズ・リーグでは長谷部擁するヴォルフスブルク戦でのゴールにアシストも4つ記録し、クラブ初のベスト8進出に貢献。国内では終盤のS・モスクワ戦の1試合2ゴールなど、クラシッチと並ぶチーム最多の9ゴールを挙げました。2年目のヨーロッパリーグでは10試合で6ゴールの好成績でチームをベスト16に導き、国内でも7ゴールを挙げました。
3年目はドゥンビアの加入やV・ラヴの復帰もありますが、開幕2戦目でゴールを挙げました。しかし右ヒザの十字じん帯負傷からの回復が長引き、クラブが国内2冠を果たした12/13シーズンはわずか1試合と不本意な数字に終わりました。
13/14シーズンからレンタル生活が続きます。ギリシャではチャンピオンズ・リーグ予選メタリスト戦で初ゴールを決めますが、シャルケの前にグループリーグに進めませんでした。国内リーグは8月17日クサンチ戦で初出場しますが、OFI戦での1ゴールにとどまりました。
翌シーズンのズウォーレでは8月16日ドルトレヒト戦でオランダリーグデビューし、ADO、フェイエノールト戦と2度の1試合2ゴールなど、キャリア2度目の2ケタゴールを達成しました。
15/16シーズン、フリーでブルサスポルへ移籍します。スロヴァキア代表ストフ、ハンガリー代表ヂュヂャークらと攻撃を担い、9月12日ゲンチレルビルリジ戦のリーグデビュー以降4試合連続ゴール、特に4試合目のリゼスポル戦でハットトリックを決めます。中盤でも固め取りを見せて2年連続の2ケタゴールを達成。カップ戦でも5試合で4ゴールと量産しました。
16/17シーズンからレンタルでプレーしています。

3試合に出た2006年U-17欧州選手権では準優勝となり、ドイツのF・フィッシャー、スペインのボージャンと共に5ゴールを挙げて得点王を分け合いました。
2年後のU-19大会でも4試合プレーし、イングランド戦で2ゴール、イタリアとドイツからも1ゴールずつ挙げて得点王に輝き、チームを準決勝に導きました。
フル代表デビューは2008年11月19日のサンマリノ戦で、初ゴールも記録。2010年W杯予選はこの試合含め通算7試合3ゴールと結果を出しますが敗退しました。2012年欧州選手権予選は5試合で1ゴール、本大会では出場機会無しに終わっています。
2016年欧州選手権予選は5試合1ゴールに終わりました。本大会はクロアチア戦で途中出場し、終了間際にPKを決めました。
代表記録

2011年6月7日:新規アップ 2017年9月2日更新