ケイロル・ナバス(Keylor NAVAS)
フルネーム ケイロル・アントニオ・ナバス・ガンボア
国籍 コスタリカ※  
出身地 ペレス・セレドン
生年月日 1986・12・15
身長 184cm
体重 78kg
利き足
ポジション GK
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・10・11
スリナム戦
代表背番号
W杯メンバー 14年
ニックネーム  
個人タイトル 09CONCACAFゴールドカップ最優秀GK
09CONCACAFゴールドカップベストイレブン
13/14リーガ・エスパニョーラ最優秀GK
14CONCACAF年間最優秀選手
16CONCACAF年間最優秀GK
チームタイトル 05/06,06/07コスタリカリーグ
05CONCACAFチャンピオンズ・カップ
07,08コスタリカ前期リーグ
08,10コスタリカ後期リーグ
14,16FIFAクラブワールドカップ
15/16,16/17UEFAチャンピオンズ・リーグ
16/17リーガ・エスパニョーラ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
05/06 サプリサ
06/07 サプリサ
07/08 サプリサ 12
08/09 サプリサ 20
09/10 サプリサ 1 23
10/11 アルバセテ(スペイン2部) 1 36
11/12 レバンテ(スペイン) 13
12/13 レバンテ(スペイン) 13
13/14 レバンテ(スペイン) 1 37
14/15 レアル・マドリー(スペイン) 13
15/16 レアル・マドリー(スペイン) 1 34
16/17 レアル・マドリー(スペイン) 1 27
17/18 レアル・マドリー(スペイン) 1    
シュートへの鋭い反応、的確な飛び出しやポジショニングで相手のシュートを封じます。PK戦にも滅法強く、コネホやポラスという名手の系譜に連なるコスタリカの正守護神です。

2005年11月6日カルメリタ戦でプロデビューします。当初はポラスの控えでしたが、徐々に出場機会を得て09/10シーズンまで多くの国内リーグのタイトルを獲得しました。
10/11シーズンに先達コネホ以来20年ぶりのアルバセテ入団を決めます。正守護神として活躍しますが、終盤に負けこみ最下位に終わり3部降格となりました。
翌シーズンにレバンテへレンタル移籍します。ウルグアイ代表ムヌアの前にカップ戦要員となり、リーガデビューは5月13日最終節A・ビルバオ戦となります。2年目も状況は変わりませんでしたが、12試合に出たヨーロッパリーグではベスト16になりました。
3年目にムヌアが退団し、正GKに定着します。リーガ最多となる160回のセーブを見せ、その確率は80%を超えました。チームの順位こそ10位でしたが、チャンピオンズ・リーグに出場する4チームに次ぐ少ない失点で終える素晴らしい成績を残しました。
クラブとW杯での活躍によりR・マドリーに6年契約で引き抜かれます。カシージャスの控えで過ごした1年を終え、マンチェスター・Uからのデ・ヘア加入の話が流れて正GKになります。
そしてクラブ初の公式戦4連続完封を見せ、チャンピオンズ・リーグでも11試合戦い6連続、計9試合完封してビッグイヤーを獲得。2年目はクラブW杯でC・アメリカを完封、鹿島戦は柴崎に2点を献上しますが、味方の4得点で事なきを得ました。国内ではカシージャに11試合出場を許しますが自身初優勝、チャンピオンズ・リーグは12試合戦い連覇して2冠になりました。

2003年U−17W杯は出番がありませんでしたが、5年後の10月11日スリナム戦でフル代表デビュー。ゴールド杯は2009年と2011年に計7試合出場しました。2010年W杯予選は9試合戦いますが、ウルグアイとのプレーオフを1分1敗で終えて敗退しました。
2014年W杯予選は14試合7失点で2位通過を果たします。本大会はウルグアイ、イタリア、イングランドと優勝を経験した国と同居する厳しい組み合わせとなりますが、ウルグアイを3−1で下して波に乗り、イタリアとイングランドを零封して首位でグループリーグを突破します。ギリシャにも数的不利をドローで乗り切り、PK戦で2本止めました。オランダ戦もスコアレスドローとなり、PK戦で1本の差で敗れたものの、母国初となるベスト8の立役者となりました。
2018年W杯予選は11試合ゴールを守って出場権を手にしています。
代表記録

※:スペイン国籍もあり
2017年11月26日:新規アップ