サリー・ムンタリ(Sulley MUNTARI)
フルネーム サリー・アリ・ムンタリ
国籍 ガーナ
出身地 コノンゴ
生年月日 1984・8・27
身長 186cm
体重 76kg
利き足
ポジション MF(CMF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2002・5・17
スロヴェニア戦
代表背番号 11
W杯メンバー 06年 10年
14年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 07/08FAカップ
08/09,09/10セリエA
09/10コッパ・イタリア
09/10UEFAチャンピオンズ・リーグ
10FIFAクラブワールドカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
00 リバティ・プロフェッショナルズ    
01 リバティ・プロフェッショナルズ    
02 リバティ・プロフェッショナルズ    
02/03 ウディネーゼ(イタリア) 32 12
03/04 ウディネーゼ(イタリア) 32 23
04/05 ウディネーゼ(イタリア) 18 33
05/06 ウディネーゼ(イタリア) 18 29
06/07 ウディネーゼ(イタリア) 11 28
07/08 ポーツマス(イングランド) 11 29
08/09 インテル(イタリア) 20 27
09/10 インテル(イタリア) 20 27
10/11 インテル(イタリア) 11
10/11 サンダーランド(イングランド) 11
11/12 インテル(イタリア) 77
11/12 ミラン(イタリア) 14 13
12/13 ミラン(イタリア) 4 15
13/14 ミラン(イタリア) 4 26
14/15 ミラン(イタリア) 4 16
15/16 アル・イテハド(サウジアラビア) 4 18
16/17 ペスカーラ(イタリア)    
無尽蔵のスタミナでボールを奪い、攻撃に転じれば正確なパスやミドルで相手を脅かします。そのプレーはブラジル代表カカのボールコントロールと、オランダ代表ダーヴィッツの闘志あふれるプレーに例えられるほどの評価を得ています。

首都アクラにあるリバティ・プロフェッショナルズで頭角をあらわし、16歳でのプロデビュー以降3シーズン在籍します。その後欧州クラブの目に留まり、マンチェスター・Uなどの入団テストを受けましたが、最終的にはイタリアのウディネーゼへ移籍します。
初年度こそサブでしたが、2002年11月6日ミラン戦でセリエAデビューを果たすと、臆することなく才能の片鱗を見せて脚光を浴びるようになったのです。04/05シーズンはFWヤクインタやディ・ミケーレに有効なアシストを幾度となく決めてクラブ史上最高順位となる4位でリーグを終え、チャンピオンズ・リーグ出場権を獲得しました。
07/08シーズンにクラブ史上最高額の約17億円でポーツマスへ移籍し、8月11日ダービー戦でデビュー。リーグでは29試合4得点と活躍し、FA杯では準々決勝マンチェスター・U戦でPKを成功させ、カーディフとの決勝では先発フル出場して69年ぶりの優勝に貢献しました。
そしてモウリーニョ監督率いるインテルに当時のアフリカ勢最高額の移籍金で引き抜かれ、2年ぶりにセリエAに復帰します。不動のインサイドハーフとして27試合に出場し、ユヴェントス、ナポリ、ラツィオなどから4得点を挙げてスクデットを獲得しました。
2年目はモッタの加入もありフルタイムの出場が減りましたが、チャンピオンズ・リーグで9試合、コッパ・イタリアで5試合出てイタリア史上初の3冠を達成します。しかしベニテス、後任のレオナルド両監督の構想から外れ、半年間のレンタルで実戦感覚を取り戻しました。
その後インテルに復帰し、ボローニャ戦では途中出場からルシオをアシストしてチームのシーズン初勝利に貢献。途中でミランへレンタルされ、13試合3得点とケガ人が多いチームを支えて12/13シーズンに完全移籍となります。チャンピオンズ・リーグではバルセロナとの2試合に出場してホーム戦で点を取りましたが、国内リーグではフル稼働には至りませんでした。13/14シーズンはユヴェントス戦で2点、ローマ戦で同点弾と上位相手に結果を残しました。
15/16シーズンにサウジアラビアに渡ります。8月20日ナジュラーン戦でデビューした国内リーグでは2試合連続の得点を決め、ACLでも5試合で1得点を決めました。
16/17シーズンの冬にセリエAに戻っています。

弱冠16歳で2001年Wユースに全7試合出場。アルゼンチンに敗れて準優勝に終わったものの、カカやアドリアーノらがそろったブラジルや、D・シセ擁するフランスに勝ち、MFエッシェンらと共に「黄金世代」と呼ばれるようになります。その後アッピアーやA・ギャンらと共にアテネ五輪に出場する予定でしたが、サッカー協会と対立して強制的に帰国させられました。
その後公式に謝罪して代表に戻り2006年W杯予選に出場。2004年6月20日南アフリカ戦で先制点を挙げてチームに勢いをつけ、無敗で出場権を獲得。母国初出場となった本大会ではチェコ相手に1得点1アシストで勝利に貢献し、アフリカ勢で唯一決勝トーナメントに進出。2008年アフリカ選手権では6試合3得点で3位になり、ベストイレブンに選ばれました。
2010年W杯予選では8試合2得点。本大会では初戦を欠場し、その後出場した4試合もフル出場とはならず、準々決勝ウルグアイ戦での先制点が唯一のハイライトとなりました。
2014年W杯予選はエジプト相手のPKなど7試合で3得点と、アサモアと共に中盤をけん引します。3大会連続出場を決めた本大会でもギャンをアシストして優勝するドイツ相手に善戦しましたが、ポルトガル戦の前に協会幹部へ暴行したとして代表から追放されました。
代表記録

2007年8月11日:新規アップ 2016年1月24日更新