茂庭 照幸(Teruyuki MONIWA)
フルネーム 茂庭 照幸(モニワ テルユキ)
国籍 日本  
出身地 東京都品川区
生年月日 1981・9・8
身長 181cm
体重 77kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK  
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2003・10・8
チュニジア戦
代表背番号 2 24
W杯メンバー 06年
ニックネーム モニ
個人タイトル 05Jリーグフェアプレー個人賞
チームタイトル 04ナビスコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
99 ベルマーレ平塚 24 11
00 湘南ベルマーレ(J2) 2 12
01 湘南ベルマーレ(J2) 22 29
02 FC東京 2 19
03 FC東京 2 27
04 FC東京 2 22
05 FC東京 2 32
06 FC東京 2 24
07 FC東京 2 17
08 FC東京 2 22
09 FC東京 2
10 セレッソ大阪 3 34
11 セレッソ大阪 3 33
12 セレッソ大阪 3 33
13 セレッソ大阪 3 16
14 バンコク・グラス(タイ) 3 30
15 セレッソ大阪(J2) 33 14
16 セレッソ大阪(J2) 3 20
17 セレッソ大阪 3    
フィジカルの強さとスピードを生かした対人プレーが得意なストッパーです。ポジションの割にファールが少なく、スマートなプレーを信条とします。

東京都品川区生まれ。小学校時代は神奈川県厚木市で送り、地元チームのゴールプランダーズに所属します。当時は後にプロで同僚となるMF石川直宏も在籍していました。
ジュニアユースから平塚(現湘南)に所属し、ユース時代の1999年8月にトップデビュー。11試合出場と高校在学中としてはまずまずの出来でしたが、翌年にチームはJ2に降格します。
J2で2年過ごした後、2002年にFC東京へレンタル移籍します。レギュラーであるジャーンの出場停止によってスタメン出場を果たしますが、G大阪相手に5失点を喫します。2003年に完全移籍すると周囲との連係が熟成され、チームの最終ラインを安定させます。
しかし09シーズンはケガに悩まされ、大差での敗戦が続いて監督の構想外となったこともあり、昇格したC大阪へ加入します。そして全34試合と完全復活を果たし、昇格したチームが3位に躍進した大きな要因となりました。2年目は早くもキャプテンマークを託されるなど守備陣の中心になりますが、13シーズンに復帰した山下達にレギュラーを明け渡しました。
14シーズンにタイへ活躍の場を求め、30試合に出場するなど健在ぶりを示すと、15シーズンにJ2に降格したC大阪に復帰、2年目にJ1復帰を果たしています。

U−22日本代表としてプレーしていましたが、2003年10月8日のチュニジア戦でフル代表デビューし、同年12月の東アジア選手権のメンバーにも入ります。
その後は五輪対策としてU−23に合流し、本大会ではグループリーグ3試合に出場しましたが、イタリアやパラグアイの前にグループリーグ敗退となりました。その後の東アジア選手権の中国戦で先発出場、後半14分に先制となる代表初ゴールをマークしました。
2006年のW杯では、主力の田中誠が負傷したため本大会メンバーに追加招集され、初戦のオーストラリア戦で坪井の負傷交代でピッチに立ちます。しかし相手の強力な攻撃陣を抑えられず、以降ピッチに立つことはありませんでした。
代表記録

2006年9月28日:新規アップ 2016年12月23日更新