メフメト・トパル(MEHMET Topal)
フルネーム メフメト・トパル
国籍 トルコ
出身地 マラチャ
生年月日 1986・3・3
身長 187cm
体重 76kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・2・6
スウェーデン戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム クモ
個人タイトル  
チームタイトル 07/08,13/14トルコリーグ
12/13トルコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
04/05 ダルダネルスポル(2部)
05/06 ダルダネルスポル(2部) 30
06/07 ダルダネルスポル(2部)
06/07 ガラタサライ 14 11
07/08 ガラタサライ 14 26
08/09 ガラタサライ 14 21
09/10 ガラタサライ 14 24
10/11 バレンシア(スペイン) 17 23
11/12 バレンシア(スペイン) 5 20
12/13 フェネルバフチェ 5 27
13/14 フェネルバフチェ 5 27
14/15 フェネルバフチェ 5 33
15/16 フェネルバフチェ 5 33
16/17 フェネルバフチェ 5 29
16/17 フェネルバフチェ 5    
無尽蔵のスタミナをベースに戦況を冷静に把握する力に利他的なメンタリティ、ボランチとCBをこなせる柔軟性があります。長いリーチでのボール奪取により「クモ」の異名を取ります。

国内2部ダルダネルスポルにて、04/05シーズンからプロキャリアをスタートさせます。2年目には30試合3得点と頭角を現しますが、3年目に3部降格が決まりました。
3年目の途中に強豪ガラタサライに引き抜かれますが、同時に日本代表稲本も加入します。彼がチャンピオンズ・リーグでゴールを決めるなど結果を残していたため、バックアッパーとして過ごす時間が多くなります。それでも同大会ではリヴァプール戦など3試合プレーしました。
07/08シーズンは、スウェーデン代表リンデロートがの負傷によって出場機会が巡り、26試合に出場(先発は22試合)してリーグを制しました。ケガに苦しむ場面もありましたが、09/10シーズンのヨーロッパリーグでは7試合に出場してD・ブカレストからゴールを決めました。
10/11シーズンにバレンシアへ移籍し、9月19日エルクレス戦でリーガデビュー。2戦目のS・ヒホン戦では先制点を挙げてチームを勝利に導き終盤にはスタメンに定着します。チャンピオンズ・リーグでは決勝トーナメントのシャルケ戦など4試合に出場しました。
アルゼンチン代表バネガの展開力をサポートする役割でしたが、2年目も国内リーグ20試合と振るわず、6試合出場したヨーロッパリーグで2ゴールを挙げたのが見せ場となりました。
12/13シーズンに母国に復帰して国内カップを制し、ヨーロッパリーグは12試合に出場してベスト4に進出。2年目はガラタサライから覇権を奪回しています。

U−19以来各年代のユース代表を経て、2008年2月6日スウェーデン戦で途中出場しフル代表デビューを果たします。同年の欧州選手権メンバーに入り4試合プレー。ボランチにCBと守備のタスクを着実にこなし、母国のベスト4進出に貢献しました。
2010年W杯予選は1試合、2012年欧州選手権予選は5試合、2014年W杯予選は7試合に出場しましたが、いずれも本大会出場はなりませんでした。
2016年欧州選手権予選は9試合、本大会ではCBとして3試合戦いました。
代表記録

2011年5月28日:新規アップ 2017年6月28日更新