タイロン・ミアーズ(Tyrone MEARS)
フルネーム タイロン・ミアーズ
国籍 ジャマイカ
出身地 ストックポート
生年月日 1983・2・18
身長 180cm
体重 74kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2009・2・11
ナイジェリア戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 16MLSカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
01/02 マンチェスター・シティ(イングランド2部) 26
02/03 プレストン(イングランド2部) 24 22
03/04 プレストン(イングランド2部) 24 12
04/05 プレストン(イングランド2部) 24
05/06 プレストン(イングランド2部) 14 32
06/07 ウェストハム(イングランド) 2
06/07 ダービー(イングランド2部) 24 13
07/08 ダービー(イングランド) 24 25
08/09 ダービー(イングランド2部) 24
08/09 マルセイユ(フランス) 8
09/10 バーンリー(イングランド) 14 38
10/11 バーンリー(イングランド2部) 14 44
11/12 ボルトン(イングランド) 15
12/13 ボルトン(イングランド2部) 2 26
13/14 ボルトン(イングランド2部) 2
15 シアトル・サウンダーズ(アメリカ) 4 33
16 シアトル・サウンダーズ(アメリカ) 4 32
17 アトランタ・ユナイテッド(アメリカ) 2    
出色の機動力と持久力で右サイドを上下動する、イングランド出身のジャマイカ代表ライトバック。シエラレオネにルーツがあります。

イングランドのストックポートに生まれ、2001年8月にマンチェスター・Cと練習生契約を交わします。そして翌年3月30日ノッティンガム・F戦にて2部リーグデビューを果たしますが、プレミアに昇格したトップチームへの合流はかなわず、プレストンと3年契約を交わします。
ここでは22試合に出場しますが、ケガもあって出場機会が減少します。それでも3年目の終盤に契約を更新し、4年目には32試合2得点とクラブの期待に応えました。
06/07シーズンにウェストハムに引き抜かれ、チャールトンとの開幕戦でプレミアデビューするも、定位置をつかめずダービーにローン移籍します。プレストンで師事したデイヴィス監督により多くの出場機会を獲得、リーズ戦での得点などクラブ5年ぶりのプレミア復帰に貢献します。
2度目のプレミアでも25試合と結果を残し、古巣ウェストハム相手に得点を挙げますが、健闘実らず最下位で降格します。翌シーズン開幕後に移ったマルセイユでも出場機会に恵まれず、UEFA杯でアヤックス相手に点を取ったのが唯一のハイライトとなりました。
09/10シーズンにバーンリーへ移り、全38試合に出場。18位で降格しますがチームに残り、翌シーズンも44試合とタフネスぶりを見せました。
11/12シーズン、DFイーグルと共にバーンリー時代の恩師コイル監督率いるボルトンへ移籍しますが、練習中に骨折して長期の離脱を余儀なくされました。2年目は復帰してスタメンに定着しますが、その後再びケガに見舞われ3年目を棒に振りました。
15シーズンにシアトルに入り、3月8日ニューイングランド戦でMLSデビュー。DC・U戦では決勝点を挙げました。2年目にリーグを制した後、アトランタへ移っています。

ジャマイカ出身で、リヴァプールでプレーしたバーンズ監督により2009年2月11日ナイジェリア戦で代表デビューしています。
代表記録

2012年2月9日:新規アップ 2017年6月4日更新