フルネーム ハビエル・アレハンドロ・マスチェラーノ
国籍 アルゼンチン マスチェラーノ
出身地 サンタフェ
生年月日 1984・6・8
身長 178cm
体重 77kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK  
キャプテン経験 代表
代表デビュー 2003・7・16
ウルグアイ戦
代表背番号 8 14
W杯メンバー 06年 10年
14年
ニックネーム マスチェ
個人タイトル  
チームタイトル 03,04アルゼンチン後期リーグ
03コパ・スダメリカーナ
04CONMEBOLコパ・アメリカ
04アテネ,08北京オリンピック金メダル
05ブラジル全国選手権
10/11,12/13,14/15,15/16リーガ・エスパニョーラ
10/11,14/15UEFAチャンピオンズ・リーグ
11FIFAクラブワールドカップ
11/12,14/15,15/16コパ・デル・レイ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
02/03 リーベル・プレート
03/04 リーベル・プレート 5 21
04/05 リーベル・プレート 5 25
05 コリンチャンス(ブラジル) 3
06 コリンチャンス(ブラジル) 3 10
06/07 ウェストハム(イングランド) 16
06/07 リヴァプール(イングランド) 20
07/08 リヴァプール(イングランド) 20 25
08/09 リヴァプール(イングランド) 20 27
09/10 リヴァプール(イングランド) 20 34
10/11 バルセロナ(スペイン) 14 27
11/12 バルセロナ(スペイン) 14 31
12/13 バルセロナ(スペイン) 14 25
13/14 バルセロナ(スペイン) 14 28
14/15 バルセロナ(スペイン) 14 28
15/16 バルセロナ(スペイン) 14 32
16/17 バルセロナ(スペイン) 14    
執拗なマークやタックルでのボール奪取、危険なスペースのカバーやセカンドボールへの反応で相手の攻撃をしのぎ、素早く攻撃につなげるボランチです。

ガジェゴ、メルト、アストラーダ、アルメイダといった面々を輩出したリーベルの下部組織出身。2003年にトップへ上がり、フル代表にデビューした後の03/04前期リーグ8月3日ヌエバ戦でリーグデビューし、10試合に出て03/04後期制覇に貢献します。リベルタドーレスでは準決勝にて宿敵ボカにPK戦で敗れ、翌シーズンも準決勝でサンパウロに敗れました。
2005年7月に欧州移籍が取りざたされる中ブラジルのコリンチャンスへ加入。骨折で長期の戦線離脱を強いられましたが、アテネ五輪終了後に同僚テベスと共にイングランドのウェストハムへ加入、2006年9月17日ニューカッスル戦でプレミアデビューしました。
しかしプレミアのサッカーやチーム戦術にフィット出来ず、欧州カップを含む出場した全7試合が黒星という不運を経験し、シーズン途中にリヴァプールへ移籍します。
ベニテス監督からの評価も高く、X・アロンソと中盤を形成。チャンピオンズ・リーグでも準決勝チェルシー戦や決勝ミラン戦に出場しました。2008年2月29日に4年契約の完全移籍になり、3月のレディング戦でキャリア初ゴールをマークしますが、続くマンチェスター・U戦で退場処分を受けるなど、25試合出場の中で紆余曲折を経験しました。
翌シーズンはチャンピオンズ・リーグで8試合出場し、R・マドリー戦ではアシストを決めて4−0の大勝を収めますが、09/10シーズンはリヨンとフィオレンティーナの前にまさかのグループリーグ敗退となります。しかしヨーロッパ・リーグのウルジチェニ戦でシーズン唯一のゴールを挙げました。リーグでは低迷しましたが、キャリア最多の34試合に出場しました。
10/11シーズン、アーセナルとの開幕戦でアシストを決めた後バルセロナへ加入し、9月11日エルクレス戦でリーガデビュー。トゥーレ・Yの穴埋め役として中盤センターでの活躍が期待されますが、生え抜きのブスケが台頭にプジョールのケガもありCBになります。12試合出場したチャンピオンズ・リーグも含めて2冠を達成しました。14/15シーズンは開幕2戦目でレッド、イエローも8枚と華麗なMSNの背後で泥臭く戦い、チーム2度目の三冠に貢献しました。

FWテベスやマキシ・ロペスらと共に2001年U−17世界選手権と2003年Wユースに出場。共にベスト4となり、後者では準々決勝アメリカ戦では後半ロスタイムに同点ゴールを決めました。2003年7月16日ウルグアイとのフレンドリーマッチでフル代表デビューを飾ります。
クラブでの試合出場経験がないという異例の出来事となりましたが、ビエルサ監督の期待に応え翌年のコパ・アメリカで準優勝になり、アテネ五輪では6試合に出場、大会通じて無失点で終え、母国初にして宿敵ブラジルがなしえていない金メダル獲得を果たします。この活躍でエル・パイース紙による南米年間最優秀選手投票ではテベスに次ぐ56票を集めました。
五輪終了後にビエルサ監督が突然辞任しますが、後任のペケルマン監督の元でもケガを除けば主力として起用されます。2006年W杯予選は7試合プレーし出場権獲得に貢献、本大会では全5試合にフル出場しました。2007年コパ・アメリカでは決勝でブラジルに敗れました。
2008年の北京五輪メンバーにオーバーエージ枠で入り、全6試合に出場。ガゴとフル代表レベルのボランチコンビを組み、連覇を達成しました。
2010年W杯予選では、マラドーナ監督からキャプテンに指名されます。そして16試合に出場し、本大会でもギリシャ戦以外全試合に出場しますが、準々決勝でドイツに完敗しました。
2014年W杯予選はアンカーとして12試合に出場。本大会でも7試合戦い、2列目以前の面々と連動してハードワークをこなしてメッシを活かしましたが、決勝でドイツに屈しました。
2011年コパ・アメリカでは4試合に出場、優勝するウルグアイ戦で退場し、チームもPK戦の末に敗れました。2015年も6試合に出場するものの地元チリに敗れます。翌年も5試合戦い、チリとのPK戦ではメッシの失敗にも動揺せず成功させますが及びませんでした。

代表記録

※:ハビエル・マスチェラーノ(Javier MASCHERANO)

余談
・マラドーナ監督からの信頼度は「私のチームはマスチェラーノとその他10人だ」という言葉に集約され、W杯本大会でのアルゼンチン代表歴代最年少のキャプテンとなりました。
2008年7月29日:新規アップ 2016年6月28日更新