スタニスラフ・マノレフ(Stanislav MANOLEV)
フルネーム スタニスラフ・マノレフ
国籍 ブルガリア
出身地 ブラゴエフグラート
生年月日 1985・12・16
身長 186cm
体重 79kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・8・20
ボスニア・H戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 07/08,08/09ブルガリアカップ
11/12オランダカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
03/04 ピリン(3部)
04/05 ピリン(3部) 10
04/05 リテックス
05/06 リテックス 16
05/06 ピリン(3部) 12
06/07 リテックス 16 28
07/08 リテックス 16 25
08/09 リテックス 16 27
09/10 PSV(オランダ) 25 30
10/11 PSV(オランダ) 25 21
11/12 PSV(オランダ) 2 23
12/13 PSV(オランダ) 23
12/13 フルハム(イングランド) 25
13/14 ヨングPSV(オランダ2部) 2 10
13/14 クバン(ロシア) 25 10
14/15 ディナモ・モスクワ(ロシア) 23
14/15 クバン(ロシア) 25
15/16 クバン(ロシア) 25 15
16/17 CSKAソフィア 11 24
17/18 CSKAソフィア 11 30
18/19 CSKAソフィア 11    
右サイド全般をカバー出来、堅実な守備に威力満点のFKを兼備、攻守ともに大きな欠点がないブルガリア代表プレーヤーです。

地元クラブであるピリンでキャリアを始めます。1部リテックスでは低迷しましたが、古巣ピリンへのレンタル移籍で再起のきっかけをつかみます。
リテックスでも好調をキープして07/08シーズンは国内カップ決勝で決勝点を挙げ、翌シーズンはタイトル防衛に成功、リーグ戦でもキシシェフと共に攻守にチームを支えました。
09/10シーズンにPSVと3年契約を結び、8月9日トゥベンテ戦でオランダリーグにデビューします。リテックス時代に経験したヨーロッパリーグとの過密日程も難なくこなし、オーイエルやメキシコ代表マサ、サルシードなどと最終ラインを組み、30試合2得点の成績を残します。
2年目以降は元来中盤のカナダ代表ハッチンソンが右SBで起用されることが多くなり、出場機会が減少します。それでも11/12シーズンのヨーロッパリーグでは11試合に出場して決勝トーナメント2回戦にコマを進め、国内カップ決勝ではヘラクレスを下しました。
12/13シーズンの冬にフルハムへ2年契約のオプション付きでレンタル移籍し、2月9日ノーリッジ戦でプレミアデビューしますが、大きなインパクトを残せませんでした。クバンとD・モスクワではロシア代表コズロフとのポジション争いを続けました。
16/17シーズンに母国リーグに戻っています。

4試合戦ったユース代表を経て、2008年8月20日ボスニア・H戦で代表デビュー。2010年W杯予選、2012年欧州選手権予選に、それぞれ4試合出場しています。
2014年W杯予選はイタリアやアルメニア、デンマークからゴールを奪うなど8試合に出場。2016年欧州選手権予選も7試合に出ますが、本大会出場権を逃しました。
2018年W杯予選は5試合に出場。本戦出場を果たすスウェーデン戦で点を取って勝利しますが、フランスやオランダも同居する激戦区にあって敗退しました。
代表記録

余談
・2013年5月30日の日本戦でFKを決めています。
2013年5月30日:新規アップ 2018年7月5日更新