巻 誠一郎(Seiichiro MAKI)
フルネーム 巻 誠一郎(マキ セイイチロウ)
国籍 日本 巻
出身地 熊本県宇城市
生年月日 1980・8・7
身長 184cm
体重 81kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2005・7・31
北朝鮮戦
代表背番号 9 11 12
W杯メンバー 06年
ニックネーム マキ
個人タイトル  
チームタイトル 01ユニバーシアード
05,06ナビスコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
03 ジェフ市原 18 17
04 ジェフ市原 18 30
05 ジェフ千葉 18 33 12
06 ジェフ千葉 18 32 12
07 ジェフ千葉 18 34
08 ジェフ千葉 18 30 11
09 ジェフ千葉 18 31
10 ジェフ千葉(J2) 18 13
10 アムカル(ロシア) 9
11 深セン(中国) 18
11 東京ヴェルディ(J2) 41 14
12 東京ヴェルディ(J2) 18 18
13 東京ヴェルディ(J2) 18 19
14 ロアッソ熊本(J2) 36 38
15 ロアッソ熊本(J2) 36 39
16 ロアッソ熊本(J2) 36 35
17 ロアッソ熊本(J2) 36    
中学と高校でアイスホッケーと両立させて国体にも出場した経験が、攻守に前線で身体を張るプレースタイルにつながっています。本人いわく「利き足は頭」であり、腰より低い位置のボールを頭に当てて味方にパスを送る難易度の高いプレーも披露します。

小学校低学年時は野球をしていましたが、小学5年からサッカーに専念、当時からストライカーとしてプレーしていました。大津高では2年のときに高校選手権でベスト8に進みました。その後大学サッカーの名門駒大に進みます。161cmで後に鹿島に入団する深井と身長差約20cmの2トップを形成し、関東大学リーグ、全日本選手権など数々のタイトルを獲得しました。
2003年に市原(現千葉)に入団。1年目は3月22日ホームでの開幕東京V戦に途中出場してJデビューし、8月の浦和戦で初ゴールを記録します。しかし韓国代表チェ・ヨンスがレギュラーだったため17試合の出場にとどまり、2ゴールでシーズンは終わりました。
04シーズンは途中出場が多かったものの、出番が大幅に増えます。カップ戦で5試合4ゴールと決定力の高さを見せ付けました。この活躍で翌年にはレギュラーに定着し、開幕から3試合連続ゴールを挙げました。ただ、いずれも試合結果がドローだったのが悔やまれるところであり、勝利に貢献したゴールは第8節のG大阪戦まで待たなければなりませんでした。
しかしその後もコンスタントにゴールを積み重ね、最終的にリーグでは12ゴールを挙げました。日本人では佐藤寿人の18、大黒将志の16に次ぐゴール数でした。
06シーズンはチーム最多の12ゴールを挙げて絶対的なエースに成長しましたが、翌07シーズンはチーム同様不本意な数字に終わります。しかし全試合に出場し残留に貢献しました。
周囲の選手が次々に新天地を求め、自身にも大宮などからオファーを受けていたものの残留を決意し、復帰した坂本と共に精神的支柱としての役割を担います。08シーズンはPKキッカーも務め、2年ぶりの2ケタゴールを記録してチームの残留に貢献します。
しかし翌09シーズンはわずか5ゴールに終わり、日本リーグの古河電工時代含め初の2部リーグ降格となります。村井や佐藤勇といったかつての僚友の復帰と共に1年でのJ1復帰が期待されたものの、世代交代を図るチームの構想に合いませんでした。
30歳で初の海外となり、2010年8月7日アンジ戦のデビューもノーゴールに終わります。その後トルシエ監督が率いる中国の深センヘ移りますが、ケガで結果を出せませんでした。
東京Vでの1年目は古巣千葉などから3ゴールを挙げます。2年目は1ゴールに終わり、3年目に加入してきた高原と共に巻き返しを図りますが、19試合と不本意な結果に終わりました。
14シーズンに故郷のJ2熊本へ移籍しています。

2001年に北京で開催されたユニバーシアードでは、3ゴール1アシストの活躍でチームの優勝に大きく貢献しました。2005年7月31日、東アジア選手権の北朝鮮戦で後半からフル代表デビューすると、次の中国戦で先発出場を果たしました。
2006年のアメリカ遠征にも召集を受けて2月11日のアメリカ戦の後半から出場し、15分に右サイドの加地からのクロスを頭で合わせ代表初ゴール。Jリーグでもアピールを続け、5月3日第11節、ジーコ監督が見つめる中ホームの浦和戦でゴールを決めました。
2006年5月15日にW杯メンバーに名を連ね、カズや鈴木隆が着けていた背番号11が与えられます。グループリーグ1戦2戦はベンチでしたが、レギュラーの柳沢と高原が不発だったため、3戦目のブラジル戦にスタメン出場しました。
W杯終了後にオシム監督が日本代表に就任。彼のサッカーを体現できる存在として定着し続け、2007年アジア杯ではベトナム戦でゴールを挙げてベスト4になりました。
その後オシム監督が病に倒れ、岡田監督の下で臨んだ2010年W杯予選は4試合戦って初戦でゴールを決めましたが、大久保や岡崎の台頭により代表から離れました。
代表記録

2006年5月28日:新規アップ 2016年12月23日更新