ユーゴ・ロリス(Hugo LLORIS)
フルネーム ユーゴ・ロリス
国籍 フランス
出身地 ニース
生年月日 1986・12・26
身長 188cm
体重 78kg
利き足
ポジション GK
FK PK  
キャプテン経験 クラブ 代表
代表デビュー 2008・11・19
ウルグアイ戦
代表背番号
W杯メンバー 10年 14年
ニックネーム  
個人タイトル 08,09,12フランス年間最優秀GK(UNFP)
08/09,09/10,11/12リーグアンベストイレブン(UNFP)
チームタイトル 05UEFAU−19欧州選手権
11/12フランスカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
04/05 ニースB(4部) 12
05/06 ニースB(4部)
05/06 ニース 1
06/07 ニース 1 37
07/08 ニース 1 30
08/09 リヨン 1 35
09/10 リヨン 1 36
10/11 リヨン 1 37
11/12 リヨン 1 36
12/13 トッテナム(イングランド) 25 27
13/14 トッテナム(イングランド) 25 37
14/15 トッテナム(イングランド) 1 35
15/16 トッテナム(イングランド) 1 37
16/17 トッテナム(イングランド) 1    
鋭い反応とハイボール処理や1対1に定評があり、ゲーム中は常に冷静でミスも少なく安定感したプレーに強い精神力も備えている、世界屈指の総合力を誇るGKです。

地元でのプレーが2度のW杯に出場した元代表GKバラテッリ氏の目にとまり、10歳の時に地元ニースの育成組織に入ります。やがて4部に所属するリザーブチームでの出場機会が与えられ、05/06シーズン途中にトップに昇格、10月25日のリーグ杯シャトールー戦でのトップデビューを完封勝ちで飾ります。2006年3月18日ナンシー戦でのリーグデビューも完封勝ちし、リーグ杯は決勝に進出。翌シーズンから正守護神としてほぼ全試合ゴールを守り降格と隣り合わせのチームを1部残留に、07/08シーズンはチームをリーグ8位に導きました。
08/09シーズン、ミランやトッテナムへの移籍もうわさされましたが、スペインリーグへ去ったクペの後釜としてリヨンに迎えられます。国内リーグ7連覇中の王者でも35試合出場と存在感を発揮するものの、ボルドーの躍進により連覇は途切れました。
翌09/10シーズン、チャンピオンズ・リーグのグループリーグ6試合で3失点に抑えリヴァプールをグループリーグ敗退に追い込み、決勝トーナメントでもR・マドリー戦でスーパーセーブを連発するなどクラブ初のベスト4進出に貢献。この活躍などが評価され、マンダンダを抑えて2009年の国内最優秀GKに選出されました。11/12シーズンは2つのカップ戦で決勝に進み、リーグ杯はマルセイユに敗れましたが、国内カップでは3部クヴィリーに勝ちました。
12/13シーズンにトッテナムへ移籍し、10月7日アストン・ヴィラ戦でデビュー。フランス代表正GKといえど、プレミアで8年間全試合出場を続けているアメリカ代表フリーデルの壁は厚く、当初はヨーロッパリーグが主戦場でした。ノースロンドンダービーで5失点を喫しましたが、ラツィオ戦でスコアレスドローになった後はプレミアでレギュラーに定着。逆にフリーデルがヨーロッパリーグに回り、ヴィラス・ボアス監督のターンオーバー起用に応えました。2年目は正守護神の座を盤石にし、2年連続でヨーロッパリーグ圏内に食い込みました。

U−17からレ・ブルーのユニフォームを身にまとい、MFグルキュフ、ディアビらと共に2005年に北アイルランドで行われたU−19欧州選手権優勝に貢献しました。
2008年2月6日のスペイン戦でフル代表に招集され、11月19日ウルグアイ戦でデビューを果たします。続くトルコ戦と2試合連続で完封しました。
2010年W杯予選では6試合に出場。セルビア戦では代表GK史上初の退場となりましたが、復帰後はアイルランドとのプレーオフを制する原動力となり出場権を獲得します。本戦では3試合ゴールを守りましたが、チーム状況の悪化によりグループリーグで敗退になりました。
2012年欧州選手権予選はブラン監督からキャプテンに指名されます。10試合を4失点に抑えます。本大会では4試合戦い、準々決勝で優勝するスペインに2失点を喫しいました。
2014年W杯予選も全10試合戦い、ウクライナとのプレーオフでは2ndレグで大逆転で本戦出場権を獲得。そして出場した5試合のうち3試合を完封しました。
2016年欧州選手権は7試合に出場してチームを決勝に導きますが、ポルトガルの前に地元での優勝を逃しました。
代表記録

2011年3月3日:新規アップ 2016年7月11日更新