イ・グノ(Keun-Ho LEE)
フルネーム イ・グノ(李根鎬)
国籍 韓国  
出身地 仁川広域市
生年月日 1985・4・11
身長 177cm
体重 75kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2007・6・29
イラク戦
代表背番号 11
W杯メンバー 14年
ニックネーム  
個人タイトル 07,08,12,17Kリーグベストイレブン
12アジア年間最優秀選手(AFC)
12AFCチャンピオンズ・リーグ最優秀選手
チームタイトル 10ナビスコカップ
12AFCチャンピオンズ・リーグ
15Kリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
05 仁川ユナイテッド 
06 仁川ユナイテッド 15
07 大邱 10 20
08 大邱 10 26 11
09 ジュビロ磐田(日本) 33 24 12
10 ジュビロ磐田(日本) 33 12
10 ガンバ大阪(日本) 22 20
11 ガンバ大阪(日本) 22 32 15
12 蔚山現代 11 33
13 尚州尚武(2部) 25 15
14 尚州尚武 11 18
14/15 アル・ジャイシュ(カタール) 10 18
15 全北現代モータース 33 15
16 済州ユナイテッド 22 35
17 江原 11 37
18 江原 11 13
18 蔚山現代    
瞬く間にトップスピードに乗り、ダイナミックにフィニッシュを決める点取り屋。両足を使いこなす技術、前線でのあらゆる位置への適応、布陣を選ばない柔軟性が持ち味です。

後にG大阪に所属するキム・スンヨンと共に高校時代に多くのタイトルを獲り、05シーズンに仁川でキャリアを始めます。リザーブで結果を残すもトップでのプレーは望めませんでした。
その後大邱へ移籍します。後にFC東京に所属するハ・デソンと共にチームの中心になり得点源として活躍、2年連続でベストイレブンになりました。
フリーとなりプレミア行きも視野でしたが白紙となり、磐田に入団します。2009年4月19日静岡ダービーでJリーグデビューして2ゴールを挙げると、続く京都戦でもゴールを挙げて連勝に貢献。その後大宮戦の2ゴールやG大阪戦からの4戦連続ゴールなど、前田に次ぐ12ゴールを挙げました。その後PSG行きも取りざたされますが、またも実現はなりませんでした。
G大阪では2年目に大宮とのアウェー戦からの5連発など、チーム最多の15ゴールを挙げました。ACLでも7試合に出場してメルボルン・V戦から2連発しました。
12シーズンに蔚山と3年契約し、城南戦でハットトリックを達成しました。ACLでは12試合戦い柏戦など4ゴールを挙げて優勝に貢献し、個人タイトルを独占しました。
兵役により在籍する尚州尚武では、4度の1試合2ゴールなど15ゴールで2部の得点王、MVP、ベストイレブンと出色の働きを見せ、チームの1部昇格に貢献しました。
カタールでは不本意な結果でしたが、全北現代では国内リーグを制し、ACLでG大阪とマッチアップしました。その後は再びコンスタントに出場し、17シーズンは3度の1試合2ゴールを挙げるなど自身4度目のリーグベストイレブンに選出されました。
18シーズン途中に蔚山現代へ移籍しています。

2005年Wユースは出番がなかったものの、3年後の五輪に3試合出ました。2007年6月29日イラクとのデビュー戦で点を取り、直後のアジア杯では日本戦でプレーしました。
2010年W杯予選は10試合戦いUAE戦で2ゴール、続くサウジアラビア戦と計3ゴールを挙げましたが、本大会メンバーから落選しました。
2014年W杯予選は12試合戦いカタール戦で3ゴール。本大会ではロシア戦でミドルを決め、アルジェリア戦でもク・ジャチョルをアシストしますが、グループリーグで敗退しました。
2015年アジア杯でも5試合と前線の核となりますが、決勝でオーストラリアに敗れました。2018年W杯予選は3試合に出ますが、不発に終わりました。
東アジア杯は2008年に3試合戦い優勝、2年後は2試合に出場しました。
代表記録

2017年12月16日:新規アップ 2018年6月23日更新