イ・チョンヨン(Chung Yong LEE)
フルネーム 李青龍(イ・チョンヨン)
国籍 韓国
出身地 ソウル
生年月日 1988・7・2
身長 180cm
体重 69kg
利き足
ポジション MF(RMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・5・31
ヨルダン戦
代表背番号 17
W杯メンバー 10年 14年
ニックネーム ブルー・ドラゴン
個人タイトル 08Kリーグベストイレブン
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
06 FCソウル
07 FCソウル 15
08 FCソウル 20
09 FCソウル 27 15
09/10 ボルトン(イングランド) 27 34
10/11 ボルトン(イングランド) 27 31
11/12 ボルトン(イングランド) 27
12/13 ボルトン(イングランド2部) 27 41
13/14 ボルトン(イングランド2部) 27 45
14/15 ボルトン(イングランド2部) 27 23
14/15 クリスタル・パレス(イングランド) 24
15/16 クリスタル・パレス(イングランド) 24 13
16/17 クリスタル・パレス(イングランド) 24 15
17/18 クリスタル・パレス(イングランド) 24    
主に右サイドで起用され、カットインからのシュートや決定的なパスを繰り出します。複数のポジションで機能する柔軟性や、常に冷静沈着な姿勢も持ち味の早熟なアタッカーです。

ボールを蹴り始めたのが11歳からと比較的遅いサッカー人生でしたが、たぐいまれな才能で頭角を現し中学を中退して2004年にFCソウルに入団、2年後にトップデビューします。
07シーズン、2002年W杯でトルコを3位に導いたギュネス監督に才能を見いだされ、同い年のキ・ソンヨンと共にレギュラーに定着してチームの攻撃をリード、08シーズンには5ゴール6アシストとチームの優勝争いに貢献し、ベストイレブンに選ばれました。
09シーズンも開幕からアシストとゴールを記録して好調を維持すると、夏にイングランドのボルトンへ引き抜かれ、8月15日の開幕サンダーランド戦でプレミアリーグにデビュー。9月26日バーミンガム戦では初ゴールをマークするなど、通算4点すべてがチームに勝ち点3をもたらすものとなり、34試合に出場と1年目から主力級のパフォーマンスを披露してプレミア残留に貢献。2年目も3ゴール6アシストと、K・デイヴィスやクラスニッチとの連携を深めました。
飛躍が期待された3年目はケガで出遅れ、01/02シーズンからプレミアに定着したチームが降格する要因となります。4年目はDFナイトに次ぎGKボグダンと並ぶ41試合に出場し、4ゴール5アシストと猛威を振るいましたが、7位とプレーオフ圏内に一歩及びませんでした。5年目も3ゴール5アシストでしたが、チームは14位と順位を大きく下げました。
6年目の途中にC・パレスへ移籍し、プレミアの舞台に戻っています。

2007年のU−20W杯、北京五輪の両大会で3試合に出場し、2008年5月31日のヨルダン戦でフル代表デビュー。W杯予選はこの試合含め10試合出場するもノーゴールでしたが、本大会ではアルゼンチン戦やウルグアイ戦と、チームに勢いをもたらすゴールを挙げました。
2011年アジア杯も6試合先発して3位になりました。2014年W杯予選も終盤の5試合に出ますが、本大会ではノーインパクトに終わりました。
2015年アジア杯はオマーンとの初戦で負傷し、チームから離れました。

代表記録
2011年1月24日:新規アップ 2017年6月18日更新