倉田 秋(Shu KURATA)
フルネーム 倉田 秋(クラタ シュウ)
国籍 日本  
出身地 大阪府高槻市
生年月日 1988・11・13
身長 172cm
体重 68kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK PK
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2015・8・5
韓国戦
代表背番号 13
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 07,14ナビスコカップ
08,09,14,15天皇杯
08AFCチャンピオンズ・リーグ
14Jリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
07 ガンバ大阪 31
08 ガンバ大阪 20 13
09 ガンバ大阪 20
10 ジェフ千葉(J2) 14 29
11 セレッソ大阪 23 33 10
12 ガンバ大阪 14 31
13 ガンバ大阪(J2) 6 28
14 ガンバ大阪 11 30
15 ガンバ大阪 11 31
16 ガンバ大阪 11 34
17 ガンバ大阪 10 33
18 ガンバ大阪 10    
背は高くないながらも優れたボディバランスによる安定したボールコントロールで起点になり、ミドルやドリブルと自らも局面を打開するG大阪生え抜きのアタッカーです。

G大阪ジュニアユースからユースに昇格します。主将の重責を担った他、U−18クラブ選手権では最優秀選手に輝いて07シーズンにトップに昇格します。
8月11日新潟戦でJ1にデビューしますが、遠藤保や二川の壁は厚く、10シーズンにJ2千葉へレンタル移籍します。ここでは左WGとして横浜FC戦など8ゴールを挙げ、佐藤勇などと主軸を担いました。翌シーズンはC大阪へレンタルされ、開幕戦でG大阪相手に一矢報いると、清武やキム・ボギョンといった優秀な中盤からの後援を受け、優勝する柏、1試合2ゴールの福岡戦など播戸と並ぶチーム最多の10ゴールをマークしました。
その後G大阪に復帰。クラブ初のJ2降格となりますが、群馬戦では2ゴールをマーク。ベテラン二人に加え宇佐美の復帰もあり、1年でJ1復帰を果たしました。そして翌シーズンは新潟戦の2ゴールや浦和戦など6ゴール、天皇杯金沢戦でハットトリック、ナビスコ杯で2ゴールと満遍なくゴールを決め、クラブ初の3冠に多大な役割を果たしました。17シーズンに退団した二川から10番を受け継ぎ、アウェーの大阪ダービーや清水戦で同点ゴールと勝負強さを見せました。
ACLは15シーズンに11試合戦い、韓国勢から2ゴールを挙げています。

ハリルホジッチ監督に召集され、2015年8月5日、東アジア杯韓国戦で日本代表デビュー。2018年W杯予選は2試合に出場しています。
代表記録

2017年3月23日:新規アップ 2017年12月6日更新