工藤 壮人(Masato KUDO)
フルネーム 工藤 壮人(クドウ マサト)
国籍 日本  
出身地 東京都杉並区
生年月日 1990・5・6
身長 177cm
体重 74kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2013・7・21
中国戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  13ナビスコカップ最優秀選手
13Jリーグフェアプレー個人賞
チームタイトル 11Jリーグ
12天皇杯
13ナビスコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
09 柏レイソル 36
10 柏レイソル(J2) 19 27 10
11 柏レイソル 19 25
12 柏レイソル 19 23 13
13 柏レイソル 9 33 19
14 柏レイソル 9 34
15 柏レイソル 9 34 10
16 バンクーバー(アメリカ) 9 17
17 サンフレッチェ広島 50    
一瞬の加速で危険なスペースに到達してダイレクトで放つゴールセンスに加え、相手を背負うポストプレーで攻撃の起点となる柏ユース出身のストライカーです。

4歳でサッカーを始め、小学4年で柏の下部組織に入ります。酒井宏らと共に練習を重ね、2008年のクラブユース選手権では得点王になり、チームを決勝に導きました。
09シーズンにトップチームに昇格し、10月17日FC東京戦でJ1にデビューします。チームは不運にもJ2に降格しますが、2010年3月21日福岡戦で初ゴールと幸先の良いスタートを切ると、徳島と北九州戦での1試合2ゴールなどゴール数を2ケタに乗せてネルシーニョ監督の積極起用に応え、クラブを1年でJ1に復帰させました。
田中順や北嶋と前線を組み、11シーズンは鹿島戦など7ゴールを挙げて昇格即優勝と史上初の快挙に貢献し、クラブW杯でも1ゴールを挙げました。翌シーズンはC大阪戦のハットトリックや3度の1試合2ゴールなど2年ぶりの2ケタゴールを達成。天皇杯でも大宮と横浜FM戦で連発して優勝しました。13シーズンは開幕戦からゴールを挙げ、4度の1試合2ゴールを決めるなどキャリアハイの19ゴールをマークしました。ナビスコ杯も2ゴールを挙げて3年連続で国内の主要タイトルを制し、ACLも6ゴールを挙げてカレカや北嶋が背負った9番への責任を全うしました。その後も献身を続け、14シーズンから2年連続で全試合に出場しました。
16シーズンにバンクーバーへ移籍し、3月6日モントリオール戦でMLSにデビュー。ポートランドとのホームゲームで1ゴール1アシストを決めますが、1年で退団しました。
17シーズンに広島に加入し、新潟との開幕戦でゴールを挙げています。

2010年アジア大会は3試合でノーゴールでしたが優勝しました。2013年7月21日、東アジア杯中国戦のフル代表デビューをゴールで飾り、優勝に貢献しました。
代表記録

2017年5月3日:新規アップ