今野 泰幸(Yasuyuki KONNO)
フルネーム 今野 泰幸(コンノ ヤスユキ)
国籍 日本 今野
出身地 宮城県仙台市
生年月日 1983・1・25
身長 178cm
体重 73kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK  
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2005・8・3
中国戦
代表背番号 4 15
W杯メンバー 10年 14年
ニックネーム コンちゃん
個人タイトル  
チームタイトル 04,09,14ナビスコカップ
11AFCアジアカップ
11,14,15天皇杯
14Jリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
01 コンサドーレ札幌 26 17
02 コンサドーレ札幌 4 22
03 コンサドーレ札幌(J2) 4  26
04 FC東京 6 26
05 FC東京 6 34
06 FC東京 6 28
07 FC東京 6 33
08 FC東京 6 32
09 FC東京 6 34
10 FC東京 6 34
11 FC東京(J2) 6 33
12 ガンバ大阪 15 33
13 ガンバ大阪(J2) 15 32
14 ガンバ大阪 15 33
15 ガンバ大阪 15 31
16 ガンバ大阪 15 33
17 ガンバ大阪 15 24
18 ガンバ大阪 15 14
19 ガンバ大阪 15    
持久力と位置取りに加え、身体の入れ方や相手との間合いの取り方がうまく、ファールをとられずボールを奪います。本職のボランチのほか、最終ラインでも機能する守備の職人です。

東北高で国体出場を経験し、3年の時に高校選手権に出場。2ゴールを挙げて8強進出に貢献しました。札幌の練習に参加し、岡田監督に注目され卒業後に入団しました。
01シーズン、4月7日の1stステージ第4節ホームの東京V戦でJデビューを果たし、シーズン17試合に出場。高卒ルーキーとしてスタメンでプレーする機会も少なからずあり、プロのキャリアは上々の滑り出しでした。その後2シーズン札幌でプレーしました。
2004年よりFC東京でプレー。攻撃サッカーを標榜する原監督の下攻撃面でも進歩を見せ、5月5日1stステージ第8節アウェーの神戸戦でJ初ゴールを挙げました。本業の守備も三浦文や梶山、右サイドの石川など攻撃意識の強い選手が多い中、的確なカバーリングなど中盤の守備を一手に担い、ナビスコ杯ではリーグ屈指の攻撃陣を誇る浦和を無得点に抑える堅守を見せてPK戦の末勝利し、初タイトルを獲得します。05シーズンはチームで唯一リーグとカップの全試合に出場し、リーグの7ゴールはFWルーカスと並んでチーム最多で、特にC大阪の初優勝を阻止した同点ゴールは印象的でした。06シーズンもリーグ終盤のG大阪や川崎Fといった強豪相手にゴールを決める勝負強さが際立ち、チーム2位の5ゴールを記録しました。
07シーズンよりGK土肥の後を継いでキャプテンを務め、09シーズンはCBに転向して2度目のナビスコ杯獲得を果たします。10シーズンも全34試合で5ゴールの活躍実らず降格となりました。しかし他の主力と同様とどまり、33試合戦い1年でのJ1復帰に貢献、天皇杯決勝でゴールを挙げるなど優勝して重責を果たし、興味を示していたG大阪のオファーに応えます。
しかしJ1最多得点の攻撃陣に反して失点も多く降格を経験。守備陣の中核として責任は重く、チームに残ってJ2の長丁場と代表のハードな日程に挑みます。22節岐阜戦では1試合2ゴールを見せるなど4ゴールを挙げ、チームを1年でJ1に戻ります。その後ボランチに戻り遠藤の右腕として働き、大宮との両試合でゴールを決めるなどクラブ初の3冠に輝きました。
15シーズンは、チャンピオンシップで浦和と広島相手に3連発して優勝争いを大いに盛り上げましたが、連覇を逃しました。8試合に出たACLは準決勝で広州恒大に敗れました。
17シーズンは甲府戦で起死回生となる同点弾を挙げています。

2001年Wユースの候補に挙がりますが、ケガで出場を断念しました。しかし同年のアジアユースではキャプテンとしてチームを準優勝に導きました。2年後のWユースに5試合出場し、ベスト8に進出しました。アテネ五輪予選のアジア地区最終予選では6試合にフル出場して出場権を獲得。本大会でも全3試合フル出場と、チームに不可欠の存在でした。
2005年8月3日、東アジア選手権の中国戦でフル代表デビューを飾り、翌年のW杯予選にも1試合出場しますが、本大会には出場できませんでした。
W杯終了後オシム監督によって代表復帰を果たすと、2007年アジア杯カタール戦や2010年W杯予選ではDFとして8試合プレーします。大会前には右SBのレギュラーに抜擢されましたが、強化試合でタックルを受け負傷し、本大会は1試合に終わります。
2011年アジア杯ではザッケローニ監督から大きな信頼を受け、全6試合にフル出場。若い吉田をサポートし、最終ラインの大黒柱としてアジア杯奪還に大きく貢献しました。
2014年W杯予選はタジキスタンとのアウェー戦で初ゴールを挙げるなど13試合に出場。しかし2013年コンフェデ杯は強豪の前になすすべなく終わりました。その後台頭した森重にW杯初戦の先発を奪われるものの、逆転負けで2戦目以降は先発に戻ります。しかしコロンビア戦でPKを献上、一度は同点に追いつくものの相手の猛攻を止められませんでした。
2015年アジア杯は、初出場したイラク戦で負傷しました。2018年W杯予選のUAE戦ではゴールを挙げて、負傷した長谷部の穴を埋めました。
代表記録

2008年2月6日:新規アップ 2018年12月21日更新