キム・ボギョン(Bo-Kyung KIM)
フルネーム 金甫Q(キム・ボギョン)
国籍 韓国  
出身地 求礼郡
生年月日 1989・10・6
身長 178cm
体重 73kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2010・1・9
ザンビア戦
代表背番号 6 7 18
W杯メンバー 10年 14年
ニックネーム ピッボギョン
個人タイトル  
チームタイトル 12ロンドンオリンピック銅メダル
16AFCチャンピオンズ・リーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10 大分トリニータ(日本J2) 10 27
11 セレッソ大阪(日本) 16 26
12 セレッソ大阪(日本) 7 15
12/13 カーディフ(イングランド2部) 13 28
13/14 カーディフ(イングランド2部) 13 28
14/15 カーディフ(イングランド2部) 13
14/15 ウィガン(イングランド2部) 16 18
15 松本山雅(日本) 26
16 全北現代 13 29
17 全北現代 13 15
17 柏レイソル(日本) 15    
ゴールへの意識が強く、バランスの取れたフィジカルで相手の守備を突破して正確なシュートを放ちます。また、効果的なパスで主導権を呼び込む韓国代表のレフティです。

弘益大を中退してC大阪に入りますが、外国籍枠に空きがなかったため大分にレンタル移籍します。2010年3月7日柏戦でJリーグにデビューし、いきなりゴールを挙げました。
皇甫官監督やチェ・ジョンハンの存在もあってスムーズにチームに溶け込み、ベテランの高松や同年代の東といった面々と攻撃をリードして8ゴールをマークしました。
11シーズンにC大阪に復帰します。ここでも正GKキム・ジンヒョンのフォローもありレギュラーに定着。清武とのコンビで海外移籍した家長の穴を埋め、7月の3試合連続ゴールや大阪ダービー、最終節福岡戦など、播戸、倉田に次ぐ8ゴールをマークしました。
ACLでは8試合に出場。全北との準々決勝1stレグでPKを決めて勝利しますが、2ndレグで顔面を骨折してピッチを後にします。また、チームも6失点を喫する厳しい結果となりました。
2年目に乾が着けた背番号7を引き継ぎます。大宮や鹿島相手の1試合2ゴールなど高い決定力を見せました。この結果や五輪での活躍で清武に続き欧州への移籍を決めます。
銅メダルを獲ったグラウンドを本拠とするカーディフでは2部で2ゴール3アシストし、2013年8月17日ウェストハム戦でプレミアにデビューします。マンチェスター・U戦では終了間際に同点ゴールを挙げますが、それ以外は決定機はなく最下位になりました。14/15シーズンのウィガンではブラックプールとノーリッジ相手に連発しますが、退団しました。
松本を経て全北に移り、2016年4月10日浦項とのアウェー戦でKリーグデビュー。リターンマッチでは2ゴールを挙げるなど、イ・ドングクらとチームをけん引します。11試合に出たACLでもFC東京戦でゴールを挙げて優勝に貢献し、クラブW杯でも2連発しました。
17シーズンの途中に柏へ移籍しています。

ホン・ミョンボ監督に招集され、2009年のU−20W杯ではキャプテンのク・ジャチョルらと共に4試合プレー。アメリカ戦、パラグアイ戦と2試合連続ゴールを決めました。その後の準々決勝はサスペンションで出場できず、チームは優勝するガーナに敗れました。
2010年1月9日ザンビア戦でフル代表デビュー。メンバーに入ったW杯と翌年のアジア杯こそ出場機会がありませんでしたが、引退するパク・チソンから直々に後継指名を受けました。2012年五輪でも左足ボレーでスイスから勝ち越しゴールを挙げました。
2014年W杯予選ではレバノン相手に2ゴールし、本大会も2試合ピッチに立ちました。
代表記録

2017年10月2日:新規アップ