パヴェル・カデジャーベク(Pavel KADERABEK)
フルネーム パヴェル・カデジャーベク
国籍 チェコ  
出身地 プラハ
生年月日 1992・4・25
身長 182cm
体重 81kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2014・5・21
フィンランド戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 13/14チェコリーグ
13/14チェコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
09/10 スパルタ・プラハB(2部)
10/11 スパルタ・プラハB(2部) 20
11/12 スパルタ・プラハB(2部) 12
11/12 ヴィクトリア・ジズコフ 6 11
11/12 スパルタ・プラハ
12/13 スパルタ・プラハ 16 19
13/14 スパルタ・プラハ 26 30
14/15 スパルタ・プラハ 16 25
15/16 ホッフェンハイム(ドイツ) 3 28
16/17 ホッフェンハイムⅡ(ドイツ4部)
16/17 ホッフェンハイム(ドイツ) 3 23
17/18 ホッフェンハイム(ドイツ) 3 28
18/19 ホッフェンハイム(ドイツ) 3    
機を見て裏のスペースに走り込み、高精度のクロスで得点を生みます。粘り強いマークや空中戦と人に強い面もあり、攻守のバランスが良いチェコ代表右SBです。

地元にして国内の強豪の一角スパルタでキャリアを始め、2010年5月29日ヴィクトヴィツェ戦で2部にデビューします。以降2年で34試合2得点の成績を残しました。
トップではV・ジズコフにて2011年8月21日M・ボレスラフ戦で1部にデビューします。11試合で1勝10敗と苦しみますが、途中でスパルタに戻ります。
ラヴィチュカ監督により右WGから右SBに転向し、12/13シーズンはリーグとカップで2得点ずつ挙げ、翌シーズンは自己最多の5得点でチームの2冠に貢献しました。
14/15シーズンはプルシーブラム戦のオウンゴールも大量得点で勝利し、自らも終盤に2連発して国内MVP投票2位になりました。ヨーロッパリーグも6試合に出ました。
ウェストハムやサウサンプトンもうわさされる中、ホッフェンハイムへ移籍します。2015年8月15日レヴァークーゼン戦でブンデスリーガにデビューし、マインツ戦ではウートの決勝点を演出するなど25試合に先発して即戦力となります。以降右SBのファーストチョイスとして2年目は3アシスト、3年目は終盤のライプツィヒ戦で左足シュート、ドルトムント戦のダメ押し点と上位を争うチームから相次いで点を取ってチームの勝利に貢献しました。
ナーゲルスマン監督最終年となる4年目もカップ戦で1得点1アシスト、ニュルンベルク戦で2アシスト、ドルトムント戦のヘッドなどコンスタントに活躍。初出場のチャンピオンズ・リーグはグループリーグで敗退しますが、経験豊富なリヨンから同点弾を挙げています。

2011年U-19欧州選手権で5試合、4年後のU-21欧州選手権は3試合1得点と各年代で実績を積み、2014年5月21日フィンランド戦でフル代表デビューします。
2016年欧州選手権予選は9試合に出場、アイスランドやオランダに点を挙げて勝利に貢献。本大会も3試合に先発出場しました。
2018年W杯予選は6試合に出場しますが、ドイツの前に敗退しました。
代表記録

2019年2月25日:新規アップ