ラウール・ヒメネス(Raul JIMENEZ)
フルネーム ラウール・アロンソ・ヒメネス・ロドリゲス
国籍 メキシコ  
出身地 テペヒ
生年月日 1991・5・5
身長 186cm
体重 77kg
利き足
ポジション FW(LWG)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2013・1・30
デンマーク戦
代表背番号 9 19
W杯メンバー 14年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル   12ロンドンオリンピック金メダル
12/13メキシコリーグ
15/16,16/17ポルトガルリーグ
15/16ポルトガルリーグ・カップ
16/17ポルトガルカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
08/09 アメリカ・コアパ(3部)
09/10 アメリカ・コアパ(3部) 32 13
10/11 アメリカ・コアパ(3部)
11/12 クラブ・アメリカ 47 18
12/13 クラブ・アメリカ 9 39 14
13/14 クラブ・アメリカ 9 35 16
14/15 クラブ・アメリカ 9
14/15 アトレティコ・マドリー(スペイン) 11 21
15/16 ベンフィカ(ポルトガル) 9 18
16/17 ベンフィカ(ポルトガル) 9 19
17/18 ベンフィカ(ポルトガル) 9    
長身ですが足元は器用で、スペースやライン裏への飛び出し、アクロバティックさも兼ね備えるスケールの大きいプレーが目を引くメキシコ代表アタッカーです。

3部で実績を作り、11/12シーズンにC・アメリカに入団して10月9日モレリア戦で1部にデビューします。2年目にレギュラーに定着して3度の1試合2得点など計14得点を挙げ、エクアドル代表ベニテスと共に優勝の原動力となりました。彼が抜けた2年目はエースとなり、序盤の4試合連続弾、サントス・L戦のハットトリックなど自己最多の16得点を挙げました。
14/15シーズンはペラルタとコンビを組みプエブラ戦でハットトリックを決めました。その後A・マドリーに引き抜かれ、8月25日R・バジェカーノとの開幕戦でリーガにデビュー。しかしグリーズマンやマンヂュキッチの前にベンチスタートが多く、1得点2アシストに終わりました。
その後ベンフィカと5年契約し、2015年8月23日アロウカ戦でポルトガルリーグにデビュー。続くモレイレンセ戦で得点を挙げますが、ジョナス、ミトログル、ピッツィと層が厚くスーパーサブに甘んじました。それでもチャンピオンズ・リーグでは古巣A・マドリーへの一矢を演出し、バイエルンから得点を挙げました。リーグ杯でも大会最多の4得点で優勝に貢献しました。
2年目もリーグ戦で序盤の2連発やスポルティング戦の決勝弾、カップ戦でも3得点で2冠に貢献しますが、FWの序列は変わりませんでした。

2012年のトゥーロンでは5試合戦いオランダとの準決勝で得点を挙げました。直後の五輪では日本戦など5試合戦い、決勝でブラジルを下して金メダルを獲得しました。
フル代表デビューは2013年1月30日デンマーク戦。6月にコンフェデ杯で日本戦など3試合戦いますが、グループリーグで敗退しました。7月にはゴールド杯に5試合出場してカナダとT・トバゴ相手に点を取ってハードスケジュールをものともしない活躍を見せました。
2014年W杯予選は5試合戦い、パナマ戦でバイシクルを決め、ニュージーランドとのプレーオフ1stレグでも得点を挙げました。本大会はホスト国ブラジル戦に出ました。
翌年のコパ・アメリカは3試合戦い、チリとエクアドルに連発しました。2016年のコパ・アメリカCも3試合に出ますが、不発に終わりました。
2017年コンフェデ杯は4試合に出場し、ニュージーランド戦で同点弾を決めています。
代表記録

2017年6月27日:新規アップ 2017年7月5日更新