マウロ・イカルディ(Mauro ICARDI)
フルネーム マウロ・エマヌエル・イカルディ・リベロ
国籍 アルゼンチン  
出身地 ロサリオ
生年月日 1993・2・19
身長 181cm
体重 75kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2013・10・15
ウルグアイ戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 14/15セリエA得点王
14/15セリエAベストイレブン
所属クラブおよび背番号 出場 得点
11/12 サンプドリア(イタリア2部) 98
12/13 サンプドリア(イタリア) 98 31 10
13/14 インテル(イタリア) 9 22
14/15 インテル(イタリア) 9 36 22
15/16 インテル(イタリア) 9 33 16
16/17 インテル(イタリア) 9    
機を見た飛び出しや味方からのパスへの反応など、一瞬で勝負を決めるCF。能力には疑いの余地はないものの、ピッチの外での素行が不安視されています。

メッシと同じくアルゼンチンのロサリオに生まれ、6歳の時にスペインのカナリア島へ移住します。ベシンダリオというクラブの下部組織で500ゴール以上挙げました。
R・マドリー、バレンシア、セビージャ、アーセナル、リヴァプールと国内外の強豪が獲得に動く中バルセロナの下部組織に入団します。U−17やU−19のチームで結果を残しました。
2011年1月にサンプドリアへレンタルされ、その後3年契約の完全移籍となります。そして11/12シーズンの終盤、J・スタビア戦でのB初出場を決勝ゴールで飾りました。
2012年9月26日ローマ戦でセリエAにデビューします。ユヴェントスにアウェーでドッピエッタ、ホームでも決勝ゴール、ペスカーラ戦の4ゴールなど2ケタをマークしました。
この活躍でインテルに引き抜かれ、フィオレンティーナ戦の勝ち越し弾、ボローニャ、古巣サンプドリアと2戦連続のドッピエッタと、17ゴールの同胞パラシオに次ぐ9ゴールを挙げました。
14/15シーズンはサッスオーロ戦でハットトリックを達成し、アウェーのユヴェントス戦で同点ゴール、ラスト3試合連続ゴールなど、ヴェローナのトニと共に得点王になりました。ヨーロッパリーグでは予選で3ゴールを挙げますが、本戦では1ゴールに終わり16強で終わりました。
15/16シーズンにキャプテンに就任。2度の3試合連続ゴールなどリーグ4位の16ゴールを挙げて8位のチームを4位に上げました。翌シーズンもユヴェントス戦で1ゴール1アシストして勝利に貢献したほか、6度のドッピエッタをマークするなど得点王争いをリードしています。

2012年8月19日、日本相手にゴールを挙げるなどU−20でプレーした後、W杯予選となる2013年10月15日ウルグアイ戦でフル代表にデビューしています。
代表記録

2017年1月11日:新規アップ