ミヒャエル・グレゴリチュ(Michael GREGORITSCH)
フルネーム ミヒャエル・グレゴリチュ
国籍 オーストリア  
出身地 グラーツ
生年月日 1994・4・18
身長 193cm
体重 87kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2016・9・5
ジョージア戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
09/10 カプフェンベルガー 
10/11 カプフェンベルガー 34 24
11/12 カプフェンベルガー 18 16
12/13 ホッフェンハイムⅡ(ドイツ4部) 28 11
13/14 ザンクト・パウリ(ドイツ2部) 19 15
14/15 ボーフム(ドイツ2部) 11 25
15/16 ハンブルガーSV(ドイツ) 23 25
16/17 ハンブルガーSV(ドイツ) 11 30
17/18 アウクスブルク(ドイツ) 11 32 13
18/19 アウクスブルク(ドイツ) 11    
外見的にはCFですが、柔らかいテクニックを駆使してサイドに流れ、自ら仕掛けてから左足シュートを放つなど、前線で満遍なく機能するオーストリア代表です。

プロの父に続き、09/10シーズンにキャリアを始めます。2010年4月14日A・ウィーン戦で1部デビューし、15歳361日のリーグ最年少ゴールを達成しました。
2年目はマッタースブルク戦で終了間際に同点ゴールを挙げました。3年目はインスブルックのゴールも実らず、チームも5連敗を喫するなど苦しいシーズンを過ごしました。
12/13シーズンにホッフェンハイムへ移籍。リザーブではマインツ戦から3連発、ウルム戦での1試合2ゴールなど11ゴールを挙げるもトップ昇格はなりませんでした。Z・パウリでもベンチスタートが多く、アウエ戦でゴールを決めて勝ったのが見せ場となりました。
ボーフムではアウエ戦で2アシストし、2度の2連発など7ゴールとスロヴァキア代表セスタクや田坂と共に攻撃を担いますが、11位と昇格とは程遠い結果に終わりました。
15/16シーズンにハンブルガーへ移り、カップ戦でゴールを挙げます。8月14日バイエルン戦でブンデスにデビューし、続くシュツットガルト戦で同点ゴールを演出して逆転勝利に貢献。自らもインゴルシュタット戦で決勝FK、アウクスブルク戦で1ゴール2アシストします。2年目もブレーメン戦の2ゴールなど、ホルトビーやN・ミュラーと共に1部に残りました。
17/18シーズンにアウクスブルクへ移ります。ブレーメンなど2度の1試合2発など自己最多の13ゴールでアイスランド代表フィンホガソンと共に得点源になりました。

年代別の欧州選手権は本大会出場はならなかったものの、2017年U-21予選では7試合戦い、アゼルバイジャン戦のハットトリックなど9ゴールを挙げました。
2016年9月5日ジョージア戦で代表デビューします。2018年W杯予選はこの試合含めて4試合に出場しましたが、ゴールはありませんでした。
代表記録

2019年2月12日:新規アップ