権田 修一(Shuichi GONDA)
フルネーム 権田 修一(ゴンダ シュウイチ)
国籍 日本  
出身地 東京都世田谷区
生年月日 1989・3・3
身長 187cm
体重 83kg
利き足
ポジション GK
FK PK  
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2010・1・6
イエメン戦
代表背番号 23
W杯メンバー 14年
ニックネーム ゴンちゃん
個人タイトル  
チームタイトル 09ナビスコカップ
11天皇杯
11AFCアジアカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
07 FC東京 34
08 FC東京 19
09 FC東京 20 34
10 FC東京 20 30
11 FC東京(J2) 20 20
12 FC東京 20 31
13 FC東京 20 33
14 FC東京 20 33
15 FC東京 1 22
15/16 ホルン(オーストリア3部) 33
16/17 ホルン(オーストリア2部) 33 15
17 サガン鳥栖 33 33
18 サガン鳥栖 33    
飛距離、精度ともに高質のフィードで攻撃の起点となり、長身とリーチを活かしたハイボール処理、果敢な飛び出しや鋭い反応、熱いコーチングでチームの屋台骨となる守護神です。

幼稚園の時に母親のアドバイスをきっかけにサッカーを始めます。1994年W杯で活躍するアメリカ代表メオラに影響を受け、当初からGKとしてプレーします。さぎぬまSCには小学2年で世田谷区に引っ越した後も在籍し続け、川崎市選抜チームのメンバーになりました。
横浜FMと川崎Fの下部組織を受験して、いずれも合格。さらに湘南からもオファーされるなど神奈川県内で指折りの実力を持っていましたが、小学校の近所にあるサッカースクールに来ていたFC東京のコーチの指導に好感触を得て同クラブのU−15に入りました。中学時代には3度も優勝を経験するなど実績を作り、国士館高2年の時にトップチームに昇格します。
2種登録選手としてチームに帯同し、土肥や塩田といった先達のプレーを吸収しますが、翌年に首を痛めて長いリハビリを経験します。そして塩田が麻痺性腸閉塞で離脱してチャンスがめぐり、2009年3月7日新潟との開幕戦でJリーグにデビューします。その試合で4失点、続く浦和戦で3失点と苦しいスタートとなりましたが、その後2戦連続で完封します。最終的には16試合を完封し、93シーズンにV川崎(現東京V)の菊池新が達成したJの記録に並びました。
その後単身イタリアに渡り、ブッフォンを指導したフルゴーニ氏から個人指導を受けてレベルアップを果たします。徳永や長友、今野といった面々との連係も上がっていましたが、クラブ11年ぶりのJ2降格が決まりました。その後は塩田の巻き返しもあり20試合に終わりましたが、1年でのJ1復帰を達成。天皇杯でも5試合守ってクラブ初タイトル獲得に貢献しました。12シーズンはACLにも5試合出場。リーグ戦ではその後ゆるぎない守護神となり続けました。
15/16シーズンに本田圭が経営に携わるオーストリア3部ホルンへレンタル移籍します。2試合の出場でしたがチームは2部に昇格し、15試合に出場しました。
17シーズンに鳥栖へ移り、正守護神として一ケタ順位に貢献しました。

U−14から各年代を経験、2004年のU−17アジア選手権を経て2007年のU−20W杯では飛び級で招集されますが、練習中の負傷で離脱しました。2年後の大会予選を兼ねたアジアユース選手権では準々決勝で韓国に敗れて出場権を逃しました。しかし2012年ロンドン五輪では6試合に出場して44年ぶりのベスト4に貢献しました。
2010年1月6日イエメン戦でフル代表デビュー。翌年のアジア杯で第3GKとして優勝メンバーに名を連ね、2013年コンフェデ杯、2014年W杯のメンバーにも選出されました。
東アジア杯は2013年大会に1試合出場しています。
代表記録

余談
・メオラの他、デンマーク代表P・シュマイケルをプレーの参考にしています。
2017年12月9日:新規アップ