ゾルタン・ゲラ(Zoltan GERA)
フルネーム ゾルタン・ゲラ
国籍 ハンガリー  
出身地 ペーチ
生年月日 1979・4・22
身長 183cm
体重 75kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK PK
キャプテン経験 代表
代表デビュー 2002・2・13
スイス戦
代表背番号 10
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 02,04,05ハンガリー年間最優秀選手
チームタイトル 00/01,03/04,15/16ハンガリーリーグ
02/03,03/04,14/15〜16/17ハンガリーカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
97/98 ペーチ・メチェク 25
98/99 ペーチ・メチェク 31
99/00 ペーチ・メチェク 15
00/01 フェレンツバロシュ 30 30
01/02 フェレンツバロシュ 30 27
02/03 フェレンツバロシュ 30 26
03/04 フェレンツバロシュ 30 30 11
04/05 WBA(イングランド) 11 38
05/06 WBA(イングランド) 11 15
06/07 WBA(イングランド2部) 11 40
07/08 WBA(イングランド2部) 11 43
08/09 フルハム(イングランド) 11 31
09/10 フルハム(イングランド) 11 27
10/11 フルハム(イングランド) 11 27
11/12 WBA(イングランド) 22
12/13 WBA(イングランド) 22 16
13/14 WBA(イングランド) 22 14
14/15 フェレンツバロシュ 20 26
15/16 フェレンツバロシュ 20 30
16/17 フェレンツバロシュ 20 29
17/18 フェレンツバロシュ 20    
トップ下やボランチを得意とし、スルーパスを繰り出すだけでなく自らもバイタルエリアへ顔を出します。攻撃的な役割を担いますが、豊富な運動量や高い守備意識も持ち味です。

地元P・メチェクでプロのキャリアを始めます。ここで瞬く間に主力として頭角を現し、4年目に強豪フェレンツバロシュに引き抜かれます。1年目から攻撃の核としてリーグ優勝に貢献し、4年目には自己最多の11得点など国内2冠を達成しました。
その後イングランドWBAと3年契約を結び、8月14日ブラックバーンとの開幕戦でプレミアデビューします。当時はFW登録であり、FWカヌやMF稲本らとのプレーでチームで唯一全38試合に出場。最終節ポーツマス戦で勝利し、自チーム含め4チームによる残留争いを制しました。
そしてハンガリー年間最優秀選手に2年連続で選出されますが、2年目はヘルニアの手術を行ったため満足にプレーできず降格の一因となりました。そしてチームに残って4位になると、07/08シーズンは1位となって2年でのプレミア復帰に貢献しました。
その後フルハムにフリーで移籍。1年目こそ主将マーフィーやアメリカ代表デンプシーなどの前にベンチスタートが多かったものの、2年目は先発に定着します。ヨーロッパリーグでも8試合戦い、ザッケローニ監督率いるユヴェントスから2点を挙げるなど6得点を挙げて準優勝に貢献し、ファン投票によるクラブ年間最優秀選手に選ばれました。
しかしM・ヒューズ監督が就任すると控えになり、最終節アーセナル戦でレッドを受けます。リーグ杯では2得点3アシスト、FA杯で1得点1アシストと結果を残しました。
11/12シーズンにWBAに復帰して再びホジソン監督の下でプレーしますが、足首の手術を受けたため開幕は出遅れました。2年目はリヴァプール戦など4得点がすべて勝利につながりますが、フル稼働には至らず3年目を最後に退団しました。
14/15シーズンにフェレンツバロシュに復帰。2年目は国内2冠に輝き、3年目はアウェーのジルモート戦でハットトリックを達成しています。

2002年2月13日スイス戦でデビュー。2004年欧州選手権予選ではサンマリノ戦でのハットトリックなど4点、2006年W杯予選も7試合で4点を挙げますが敗退しました。
2008年欧州選手権予選は11試合で4点、2010年W杯予選は7試合1得点、2012年欧州選手権予選もオランダ戦での2点など3点と活躍しますが、結果が伴いませんでした。
2014年W杯予選は4試合で2点を取るも敗退しました。2016年欧州選手権予選は9試合1得点で母国44年ぶりの出場権を獲得、本戦ではポルトガル戦で大会ベストゴールとなるミドルを決めてグループリーグを首位で突破しますが、その後ベルギーに大敗しました。
代表記録

余談
・コーラの広告では、ロナウヂーニョ、ベッカム、ラウール、R・カルロス、アンリ、F・トーレス、ファン・デル・ファールトといったスター選手との共演を果たしています。
2016年7月2日:新規アップ 2017年6月12日更新